戦国時代

戦国大名の誕生と大名家の国家戦略

戦国大名は、合戦に勝利し領地を広げる事だけを考えていた訳でありません。

治める領地と領民を守り繁栄させるために、大名達は領国経営と外交政策にも力を入れていました。今回は、そんな戦国大名達の出所を紹介しつつ将来の事を考えた戦略を紹介していきたいと思います。

 

戦国大名の誕生

室町幕府での地方の統治は、守護大名と呼ばれる【幕府から任命された】者が統治を行っていました。幕府の後ろ盾の下で地方を支配していたので、将軍の権威が失墜した応仁の乱以降は、守護大名達の権威も失墜していきました。

この守護大名達のかわりに地方で力を付けたのが戦国大名で、室町幕府の将軍などの中央権力とは一線を画して独自の力で領地を支配し、軍事行動や外交も自身の裁量で行っていました。

 

絵で見る、シッカリかつ分かりやすい応仁の乱 応仁の乱は1467年に京都を中心に、8代将軍・足利義政の後継者争いが発端とし東軍・細川勝元 と 西軍・山名宗全 の陣営に分か...

 

戦国大名として名を上げた武将には大きく分けて3つのパターンがあります。

 

戦国大名の出自
  • 守護大名 → 戦国大名
  • 守護代    →(下剋上)→ 戦国大名
  •  国人      →(下剋上)→ 戦国大名

 

この戦国大名のパイオニアとして有名なのが【北条早雲】で1493年に伊豆の堀越公方の子・茶々丸を討ち、伊豆を乗っとり守護に任命されずに支配した事から始まりました。

北条早雲

北条早雲
(1456-1519)

この早雲を祖とする北条氏は、守護大名以外での成り上がりの戦国大名家として、秀吉による北条討伐まで続くことになります。

北条氏のように成り上がりの戦国大名家もあれば、元々守護大名や守護代や国人領主、また秀吉のように足軽から成りあがった者もいます。

 

北条早雲
日本初の戦国大名北条早雲(伊勢盛時)と小田原後北条氏100年の基礎 下剋上のパイオニアとして良く取り上げられる北条早雲は、戦国時代初期に活躍した武将で、一介の浪人から大名にまで成り上がったその野心的な...

 

守護大名から戦国大名へ

室町幕府から任命され両国を支配していたのが守護大名で、この権力基盤を独自に強めて戦国大名化したパターンです。代表的な大名家として今川氏・武田氏・大友氏・島津氏などがあげられます。

今川義元は、駿河の守護大名で寄親・寄子を設けて軍事改革を行い、遠江から三河まで領土を拡大し戦国大名化していきました。

 

分国法、今川仮名目録の名門・今川氏の台頭と衰退 今川氏は、清和源氏の流れを汲み、南北朝の争いでは今川頼国が尊氏側の北朝に属し、各地で戦功を上げました。この功績で、丹後・但馬・因幡の...

 

守護代から戦国大名へ

守護大名は、京都に屋敷を構え中央政務に関わるものが多かったので、家臣の中から代官を任命し現地へ派遣し領国経営を行わせたのが守護代です。この守護代が世襲化していき実質的現地の統治者になり、戦国大名になるケースが出てきました。

越後の長尾氏(上杉氏)・越前の朝倉氏・尾張の織田氏・阿波の三好氏などがいます。

 

尾張守護大名斯波氏と守護代織田家の関係 以前、織田信長の記事を書いた時、織田と名前のつく人物がたくさん出てきて、誰が誰だかわからなくなったので今日は、織田家について調べまし...

 

国人領主から戦国大名へ

国人領主は、国衆や在国衆とも呼ばれ、鎌倉時代の地頭の流れを汲む武士でした。その国人たちが守護の支配から自立を図り、衰退した守護大名にとって代わりその領地を治めるようになります。

こうした下剋上により、毛利氏や長曾我部氏・竜造寺氏・浅井氏などの戦国大名が誕生しました。

 

戦国大名達の未来戦略

私は戦国大名=天下統一のイメージがありましたが、必ずしも天下統一だけが戦国大名の最終目標ではなかったようです。諸大名達は自らの力や状況に合わせて将来の設計図を描いていきました。

 

戦国大名の国家戦略
  1. 【天下取りの戦略】
  2. 【領土拡大の戦略】
  3. 【領土保全の臣従政策】
  4. 【お家存続戦略】

と大きく4つの戦略に分けられます。どんな戦略だったのかという解説と共に、その戦略を採った代表的な武将達を紹介していきます。

 

天下取りの戦略

天下取りの戦略を採用していた武将の代表格と言えば、やは織田信長1568年足利義昭を奉じて上洛を果たします。

織田信長は岐阜城に入り天下布武を掲げて以降、ひたすら天下取りの最終目標のため合戦を繰り広げていました。当時の天下統一とは、日本全国を自分たちの支配下に置くのではなく、天皇の権威を利用し朝廷のある京都を中心に天下に号令を下すというものでした。

 

ですが、実は天下取りの戦略を掲げ、成功したのは信長が最初ではありませんでした。足利義輝将軍の時代に畿内の覇を唱え、朝廷を意のままに掌握していた三好長慶も同じ手法を取り、信長が上洛する前に畿内を制圧し天下に号令を下していました。

 

戦国大名一番乗りに政権掌握していた三好氏とは!? 三好氏は、信濃源氏の一族で鎌倉時代の承久の乱以降、阿波守護となった阿波小笠原氏の末裔です。阿波三好郡を本拠地にしたことから、三好と名...
織田信長の天下布武は最初は小さい天下だった!?将軍追放との関係とは… 天下統一と聞くと一般的に全国を平定すると捉えますが、最近の研究では必ずしも 天下=全国ではないと言う考え方があるそうです。 ...

 

領土拡大戦略

天下取りの野望を持っている大名家と同じ、好戦的に領土拡大をしていましたが、その理由が家臣達に知行を与えるためだった家もありました。自国を守る事が出来ない君主は、家臣の下剋上にあいその座を奪われる危険があったので、その力を誇示する意味合いもあったようです。

 

この領土拡大戦略を掲げていたのが、土佐国の長宗我部元親で【我は四国の蓋になる】と言い、1585年に四国統一を果たしています。甲斐国の武田信玄は【国を広げてこそ家臣達に恩賞を与え、喜ばせる事ができる】と考えており、領土の最大化を武田家の目標としていました。

実は、武田家の領土最大を誇っていたのは、信玄亡き後の勝頼の時代だったのはみなさんご存じでしょうか?長篠の戦で敗れ、武田家の滅亡をさせたキッカケを作った事で凡愚扱いしている節がありますが、実はとても有能な人物だった言います。

 

甲斐の虎・武田信玄の生涯を見てみよう 室町時代の甲斐の国は非常にゴチャゴチャしてややこしい混乱の時代でした。その甲斐の国の守護を世襲していたのが武田氏で、甲斐源氏宗家...
長宗我部元親の四国統一の道のり 長宗我部元親は、土佐国の弱小領主から土佐一国を治めるまでになり、最終的には四国全土を一代でほぼ征服した戦国武将です。中国の毛利氏、九...
どうして名門武田氏は滅亡したのか? どうして名門武田氏は滅亡したのか? 武田信玄を輩出した清和源氏の流れをくむ武田氏が、信玄没後10年で滅亡したのは一体どうしてな...

 

領土保全の臣従政策

時の天下人に臣従して、その政権下で登り詰めお家存続を目指した戦略もあります。前田利家や蒲生氏郷などがそれで、織田信長の小姓として仕えた利家は、最終的に豊臣政権下で五大老の一人なるまでなり加賀百万石の基礎を作りました。

蒲生氏郷は信長から秀吉に仕え、小田原攻め後には会津42万石の大名に出世しています。

 

加賀百万石の祖・前田利家の一本気な人生 おそらく北陸地方では知らない人はいないであろう、加賀百万石を一代で築いた前田利家。その才能は、武芸だけではなく算術にも長けいました。...

 

お家存続戦略

武田氏や毛利氏のように大国であれば、領土の拡大化でお家を守る事も出来ますが、小大名家になると独自で侵略する事が難しく、リスクも大きいのでより強い力を持つ大名家に臣従する事で領土保全を行っていました。

このような小大名家の場合は、侵略よりも自国を守ることが先決で、お家存続のためには主君を変えるのは、この時代当たり前に行われていました。

戦国時代の転職王・藤堂高虎は、浅井長政から始まり、七回の転職を経て関ケ原の戦い後には、20万石の大名までに出世しました。

真田丸で有名な、真田家は、武田家の家臣でしたが、信長に仕え、北条・徳川・上杉を天秤にかけながら豊臣政権では、領土安堵を勝ち取りました。関ケ原の戦いでは、真田家存続のために、父と子がそれぞれ東軍・西軍に分かれどちらが勝っても真田家が残るようにしていましたね。

 

同じおだでもここまで違った最弱大名の小田氏治の戦国時代 戦国大名とくれば、武田信玄・上杉謙信・織田信長などの名だたる人物が挙げられ、その功績は皆さんの知る処です。 しかし、逆に戦国一...

 

以上のように戦国大名達は、お家存続のために自分たちの状況を見極めながら、あの手この手で生き残りを図っていました。しかし、関ケ原の戦い後の平和な世の中が始まってみれば、一番力を持っていたと思われた守護大名~戦国大名化した家は島津氏しか残らず、この時代の下剋上の凄さが伺えます。

 

ABOUT ME
歴ブロ
歴史好きが高じて、日本史・世界史を社会人になってから始めました。史実を調べるのも好きですが、漫画・ゲーム・小説も楽しんでます。いずれ歴史能力検定を受ける予定。どうぞよろしくお願いします。