縄文時代

わかりやすい日本史の流れ 【旧石器・縄文、弥生時代、古墳時代】

歴史は、大まかな流れを把握したうえで勉強すると覚えやすいと言う事で、日本史の流れとして旧石器時代~古墳時代くらいまでの流れを書いて行きたいと思います。

これは、シリーズ化して行くので流れをつかみたい人は、平安時代・奈良時代・鎌倉時代と順番に読んでみてください。

関係記事は重要語句などを掘り下げて書いてますので、政策・出来事を詳しく知りたい方は、リンクへ飛んでください。

 

【日本史の大まかな流れ】仏教の伝来と飛鳥時代、奈良時代の流れ 神社でお参りをしたり、亡くなったらお寺のお墓に入る、現代の私たちは神道と仏教の共存を何も違和感なく受け入れています。...

 

旧石器時代【日本人はどこから渡ってきたの?】

日本列島が陸続きの頃

日本の本州が現在のシベリア並に寒い気候だった時代。マンモスなどの大型獣を追ってきた人々が定住し、打製石器や磨製石器を使った狩猟メインの生活になったとも言われていますが、ルートは一つではなく南方からやってきた人々もいたようです。

 

一昔前まで日本列島に人が住むようになったのは縄文時代と言われており、旧石器時代の日本列島には存在しないと言うのが定説でした。しかし、関東ローム層の崖から2万4千年ほど前の打製石器を発見にした事から定説が覆りました。

その後、相次いで旧石器時代の遺跡が日本でも発見され、岩宿遺跡から石器が発見され、野尻湖周辺のでは私たち人類の直接の子孫【新人】が住んでいたとされています。

かれらは、元々地続きだった日本列島でしたが2万年前頃に大陸と分離して現在の形になったと言われてます。その前後に、新人が誕生しました。

大陸と分離した日本列島でしたが、当時氷河期で海が氷におおわれていて地続きであったことから、シベリアやアジア北部の人たちがナウマンゾウやマンモスを狩りながら、北海道へと南下していったと考えられています。

ただし日本人のルーツは、北海道ゆかりの人類だけではなく、朝鮮半島から九州に渡ったり、東南アジアから黒潮に乗って北上してきた人たちもいました。

これらの人類たちが日本列島のやってきて、交じり合い今の日本の先祖となったと今では考えられています。

 

人類の誕生と日本の文化の始まり<一万年以上前> 人類の祖先は、今から約500万年前の地質時代区分でいうと第三紀の終わりころに表れます。猿人・原人・旧人と進化の段階を経て、現代人と遜...

 

縄文時代…土器の発明により食生活がグレードアップ!!

陸続きだった日本が島国に。温暖化が始まり大型獣が姿を消し、採集メインの食糧獲得へ変化。それとほぼ同時に竪穴式住居での定住生活と食糧の加工に土器使用が開始されることとなります。

温暖化によって動物が小型化したものの、栗やドングリなどの植物が豊富になったこともあって、縄文時代半ばに温暖な気候で27万人まで増えています。

 

7万年頃の縄文時代の気候変化 今からおよそ7万年前に、それまでは温暖だった気候が世界的に寒冷化していき、およそ1万年前までヴュルム氷期という氷河期が断続的に続くこ...

 

縄文時代も、狩猟や採取で小規模の集団を作り定住することなく食料を求め移動して生活をしていたのが定説でしたが、1994年の三内丸遺跡の発掘により従来の縄文人のイメージが覆されることになります。

遺跡では、縄文前期から中期にかけて数百人規模の集落が形成され、土地は区画整理されており居住区、広場、墓、ゴミ捨て場も備えていました。ここからわかることは、縄文人は何世代にもわたりその場に定住してたことでした。

 

貝塚は縄文人のごみ捨て場では無かった!? 私たちが日本史で習った【貝塚】は、縄文時代の人々が貝類を食したのちに残った貝をゴミとして捨てたのが長年にわたり蓄積したモノと習いまし...
旧石器時代と新石器時代、縄文時代や弥生時代の違いは何? 縄文時代は世界史の区分で言うと「磨製石器を使う」という要素から新石器時代に相当するのですが、同じく新石器時代の要素である「農耕・牧畜...

 

また、遺跡からは矢じりや刃物の原料となる北海道の黒曜石や岩手県の琥珀、新潟のヒスイも出土していることから、遠方同士の集落の交易があったとされる証拠となります。

縄文人の食生活が飛躍的豊かになったのは、【土器】の発明にほかなりません。

土器の発明により、食料の煮炊きが可能になり、それまで食べられなかった固い食べ物が職せるようになり、食の質が格段にアップしました。食生活の安定で定住化が進みそこに技術や文化が生まれたのです。

 

だれも知らなかった縄文人の恋愛事情 みなさん、恋はしていますか?? 誰もが、これまでの人生多かれ少なかれ恋をしてきたのではないのでしょうか? 時代や文化も違...

 

弥生時代…コメ造りの始まり

稲作に関しても弥生時代から始まったと私たちの世代では習ったものです。

しかし、研究が進みこれらの定説も覆されており、縄文時代前期から地層から稲の化石が出土されていることがわかり、一部の地域で稲作※が行われていた事がわかっています。

歴ぴよ
歴ぴよ
※この頃の稲作は水稲栽培ではなく、陸稲栽培だったよです。

 

縄文文化と弥生文化は重なり合って起きていた!? 縄文土器を使用していたとされている縄文時代は、約1万年も続いており【草創期】【早期】【前期】【中期】【後期】【晩期】と6つの時期に分...

 

コメを大量生産する水稲技術が渡ってきたのが、縄文時代後期から弥生時代にかけてのようで、朝鮮半島ルートで渡ってきたとされています。ある一説では、中国大陸での戦乱により玉突上に民族移動が起こったことで(寒冷化が一因とも)長江流域の民が日本列島に渡来人としてやってきたと言われています。

そのわずか100年ほどで、西日本の主な平野に広がり、東日本へ定着しました。寒冷な東北や北海道地方には中々定着しなかったようです。現在コメどころと呼ばれている東北地方に稲作が定着するのは、平安時代以降のお話なります。

収穫したコメは高床式倉庫に貯蔵され、必要な分が脱穀されて玄米や白米に生成されました。そして、この時期に作られた弥生式土器で調理され食べられていました。

始めて格差社会ができたのも弥生時代

食料調達していた狩猟や採取の時代は、その日暮らしで余剰のたくわえはなので、格差が生じる事もそれを奪い合う事もありませんでした

しかし、弥生時代になると水田稲作で穀物の余剰ができ、高床式倉庫で貯蔵もできるようになりました。

人々は、財産を蓄えることを覚えたのです。

財産が有れば争いの火種を産むのが人間の悲しいサガ…

つまり、稲作技術の向上は、人々に豊富な食料と引き換えに【戦争】をもたらしました。

始めは小さな集落(ムラ)だったものが統合や再編を経て大規模な政治的集団(クニ)へと変化、弥生時代晩期には日本国内が内戦状態になります。

 

こうして、内戦を制した力のあるクニが国家を形成していくことになります。

戦いが繰り返され、集団が大きくなるにつれてその集団のリーダーが誕生します。これには、豊富な食料をもたらしてくれる人がリーダーになりました。

コメ作りには、種まきから収穫まで組織的に行う必要があります。そのため、集落全体の農業計画を立てたり、人々をまとめる能力が求められるために、この時代では農業経営のエキスパートが支配者として君臨していました。

 

こうして内乱状態が続いた日本国内では、紀元前1世紀ころには100以上の小国が存在していたと言われています。

 

稲作の伝来、弥生文化の誕生<紀元前10世紀?~紀元後3世紀?頃> 日本列島で縄文文化が発展していた頃、中国大陸では紀元前6500年~5500年頃にかけ、黄河中流域でアワやキビなどの農耕文化が起き、長...
弥生時代と縄文時代の違い、住居や食事・生活はどのように変わったのか? 人類は石を石器として使用し、生活をして狩りをしていました。 時が過ぎ、人類は土器と言う画期的な発明をします。土器の登場で、旧石...

邪馬台国の卑弥呼

日本は2世紀後半になっても、争いが絶えず内乱状態が続いていたと伝えられています。

しかし、長く続いた内乱を一人の女性の誕生で平和が訪れることになります。

その人物が【卑弥呼】で、中国の後漢書によると、【日本には邪馬台国をはじめとする数十の国があったが、卑弥呼が邪馬台国の女王になると30もの国が協力し邪馬台国連合が誕生した】と書かれています。

 

その邪馬台国の卑弥呼とはどんな人物だったのでしょうか??

15歳で女王になり、民衆の前にはほとんど顔を出さずに宮殿の奥で1000人の奴隷に囲まれて暮らしていたようです。生涯独身を貫き、その生涯を閉じた時には100人以上が後追いをしたと言います。

彼女は、神の意志を聞くことができる巫女だと言われ、神の声を聞いて予言をしたり神祈って雨を降らせたり、天災が起これば神の怒りを鎮める役割を担っていました。

 

しかし、卑弥呼はこれに終わらず、魏に外交使者を送り、従属する小国から税金を取り立て、朝鮮半島との交易にも力を入れていました。こうして、卑弥呼は政治・宗教だけではなく、経済を支配していたのです。

 

【卑弥呼と魏の関係性】3世紀ころの朝鮮半島と中国大陸の情勢 以前邪馬台国の記事を書きましたが、今回は卑弥呼が朝貢したのは何故かもう少し深く調べてみます。 「鉄を手に入れるのに朝鮮半島南部...

 

古墳時代…最初の統一政権である大和朝廷

卑弥呼没後から5世紀になるまでの日本の記録が著しく乏しいために、4世紀の日本は【空白の4世紀】と呼ばれています。

その空白を埋める数少ない史料が【高句麗好太王碑】によると、391年には、倭は朝鮮に進出して百済や新羅を従えたと記されており、4世紀末の日本はすでに、外国に攻め入るほどの力を持つ統一国家が形成されていたと推測されています。

 

空白の4世紀の間で日本で何が起こったのか? 平成30年11月27日、4世紀末から5世紀初め頃に建てられた『大壁建物』と呼ばれる渡来人由来の建築物が奈良県の市尾カンデ遺跡で見つか...

 

この時期に突然、古墳が誕生している事もヤマト政権が形成されていたことがわかります。古墳が作られたのは、3世紀後半~7世紀にかけての事ですが、弥生時代とは明らかにスケールが違うことがわかります。

ヤマト政権がどのようにして生まれたかは、諸説あり謎だらけですが、大王を中心として豪族を従え、勢力を広げていったのは確かな事です。その勢力は、奈良盆地を中心に埼玉県まで達したと言われています。

 

古墳の出現とヤマト政権誕生 弥生時代後期には、小国を治め支配者たちの大きな墳丘をもつ墓がいくつもの作られていましたが、3世紀後半になると西日本を中心にそ...

 

また豪族が地方を治めるため氏姓制度や国造制(地方の支配権を保証するが、大和政権への奉仕を求めたもの)という制度が整えられます。

仏教が伝来し、有力な豪族でもあった 蘇我氏と物部氏の対立が本格化した結果、祭祀を司っていた物部氏が没落。全国的に仏教が広まり、次第に蘇我氏が政治の実権を持つように。そのことに不満を抱いていた崇峻天皇を蘇我氏が暗殺する事態にまで発展しました。

 

古墳はなぜ作られるようになったのか?? 日本各地に小山のような大きな古墳と呼ばれる遺跡がのこっています。 これらは、3世紀後半~6世紀後半に国を治めた王や豪族のお墓で...
ヤマト政権下で基盤となった氏姓制度とは? 少々わかりにくい氏姓制度ですが、ヤマト政権下における内政の基盤にもなりますので詳しく説明していきます。 氏姓制度はヤマト政権の...

 

ABOUT ME
歴ブロ
歴史好きが高じて日本史・世界史を社会人になってから勉強し始めました。基本的には、自分たちが理解しやすいようにまとめてあります。 日本史を主に歴ぴよが、世界史は歴ぶろが担当し2人体制で運営しています。史実を調べるだけじゃなく、漫画・ゲーム・小説も楽しんでます。 いつか歴史能力検定を受けたいな。 どうぞよろしくお願いします。