日本史の流れ

わかりやすい日本史の流れ 【旧石器・縄文、弥生時代、古墳時代】

歴史は、大まかな流れを把握したうえで勉強すると覚えやすいと言う事で、日本史の流れとして旧石器時代~古墳時代までの流れを書いて行きたいと思います。

これは、シリーズ化して行くので流れをつかみたい人は、平安時代・鎌倉時代を読んでいってください。

日本史の簡単な流れ

12万年前 ・・・ 日本列島になる地域に石器見つかる(日本人かは不明)

旧石器時代 ・・・ 日本に人類が到達した頃~約1万6千年前

日本の本州が現在のシベリア並に寒い気候だった時代。マンモスなどの大型獣を追ってきた人々が定住し、打製石器や磨製石器を使った狩猟メインの生活になったとも言われていますが、ルートは一つではなく南方からやってきた人々もいたようです。

日本列島が陸続きの頃

縄文時代 ・・・ 約1万6000年前~紀元前2800年前

陸続きだった日本が島国に。温暖化が始まり大型獣が姿を消し、採集メインの食糧獲得へ変化。それとほぼ同時に竪穴式住居での定住生活と食糧の加工に土器使用が開始されることとなります。

縄文時代

温暖化によって動物が小型化したものの、栗やドングリなどの植物が豊富になったこともあって、縄文時代半ばに温暖な気候で27万人まで増えています。

ところが、気候変動が激しく人口が晩期には寒冷化により7万5000人まで激減しました。

弥生時代 ・・・ 約3000年前~紀元後300年頃

ある一説では、中国大陸での戦乱により玉突上に民族移動が起こったことで(寒冷化が一因とも)長江流域の民が日本列島に渡来人としてやってきたと言われています。

稲作や金属器の導入大規模な戦の考え方が持ち込まれ、九州北部から全国的に広まります。始めは小さな集落ムラ)だったものが統合や再編を経て大規模な政治的集団クニ)へと変化、弥生時代晩期には日本国内が内戦状態に。

古墳時代 ・・・ 3世紀半ば~7世紀末頃(6世紀や8世紀までとする場合もあり)

古墳と呼ばれる墓が多く作られた時代。近畿地方を中心とし、九州から関東地方までを勢力下に置いた連合国家ヤマト王権が成立します。有力な豪族が出現し、元々は連合と言う形で統治していましたが、そのうちリーダーが大王と呼ばれるようになり後々は天皇となります。

また豪族が地方を治めるため氏姓制度国造制(地方の支配権を保証するが、大和政権への奉仕を求めたもの)という制度が整えられます。仏教が伝来し、有力な豪族でもあった 蘇我氏物部氏の対立が本格化した結果、祭祀を司っていた物部氏が没落。全国的に仏教が広まり、次第に蘇我氏が政治の実権を持つように。そのことに不満を抱いていた崇峻天皇蘇我氏が暗殺する事態にまで発展しました。

ABOUT ME
歴ブロ
歴史好きが高じて日本史・世界史を社会人になってから始めました。 文章メインのmiumagaとイラストメインの歴ぶろで運営しています。史実を調べるだけじゃなく、漫画・ゲーム・小説も楽しんでます。いつか歴史能力検定を受けたい。どうぞよろしくお願いします。