弥生時代

稲作の伝来、弥生文化の誕生

f:id:miumaga:20190508125351j:plain

日本列島で縄文文化が発展していた頃、中国大陸では紀元前6500年~5500年頃にかけ、黄河中流域でアワやキビなどの農耕文化が起き、長江流域では稲作も始まりました。

さらに、鉄器の使用が盛んになり、春秋戦国時代には農業も著しく進み、紀元前3世紀には前漢という強力な国家が成立しました。こうした強力な文明に影響されるように、朝鮮半島や日本列島にその文化が波及していくことになります。

縄文時代も終わりころの紀元前5世紀ころには、九州北部で水田による稲作が開始されました。試行錯誤の結果、西日本に水稲耕作を基礎とする弥生文化が広がり東日本にも広がりました。北海道と南西諸島を除く日本列島には、食料採取の時代から食料生産の時代へと移り変わり、紀元前4世紀~3世紀頃の時期を弥生時代と呼ばれています。

弥生文化の特徴

弥生文化は、水稲耕作を基本とし、鉄・銅や青銅を用いた金属器や石斧、稲の摘む道具の石包丁などの朝鮮半島から伝わった磨製石器や機織り技術などが使用されていました。また、煮炊き用の土器にはカメ・ツボ・ハチや高坏など赤焼きの土器に変わり、弥生土器と呼ばれています。

水稲耕作や金属器生産などの新しい技術は大陸から伝わりましたが、土器つくりや打製石器、竪穴住居などの技術は縄文文化の継承をしていました。

稲作のよる食料の生産が始まった弥生時代は、人々の生活にも大きな変化ができました。この時代の水田は、現在の物より小規模なものでしたが、灌漑・排水用の水路は本格的なものでした。また、田植えもすでに始まっており、農具も木製ではありますがスキやクワが用いられ、収穫には石包丁による刈り入れが行われていました。

収穫したものは、高床倉庫などに納められ備蓄されました。

弥生文化が一定規模広まった頃、木製の農具からしだいに斧や刀子などの鉄製工具が使用されるようになり石器が姿を消し、鉄器が主流となって行きます。

狩猟と漁業は引き続き行われ、さらに豚の飼育もおこなわれたそうです。

住環境は竪穴住居が一般的で、集落も徐々に大きくなり、周りには深い堀や土塁を巡らせた環濠集落も出てきました。

死者の埋葬は、縄文期の屈葬から集落近くの共同墓地に土壙墓・木棺墓・箱式石棺墓による伸展葬※でした。※体全体を伸ばした状態で埋葬する事。

また、盛り土をもった墓が広範囲に出現し始めるのもこの時代の特徴で、方形の低い墳丘の周りに溝を張り巡らせた方形周溝墓が各地にみられ、弥生期後半にはかなりの大規模な墳丘を持つ墓が誕生しました。

その中には、三十数面もの鏡や青銅製の武器なども埋葬されてた大型の墓もあり、これは集団の中に身分の差が表れ始めた証拠で、各地に強力な支配者が出現しました。

クニの始まり

弥生時代には環濠集落が表れ、石器や鉄製の武器が出現しました。

全国の集落で農耕社会が成立するとともに、備蓄された余剰食糧をめぐり争いが始まり、武器や防御的な施設が発達しました。

争いごとがあまり無かった日本列島でもこうして人々が争うようになり、強力な集落はいくつか統合をして【クニ】と呼ばれる政治的な集団ができました。弥生期の大きな墳丘を持つ墓の多くはこうしたクニを治めた小国の統治者と考えられています。

このようなクニの分立は、当時の中国の書物にも書かれていました。

前漢の歴史が書かれた【漢書】によると、【倭人】 のクニは百余国あり朝鮮半島に度々使者を送っていたそうです。また、紀元57年には倭の奴国の王後漢皇帝・光武帝から印綬を受けたとされています。この金印が福岡市の志賀島から発見されています。

このように様々な小国たちは、日本国内での立場を高めようと、中国や朝鮮半島に使者を送り、大陸の先進的な文化を取り入れようとしていました。

邪馬台国

220年に中国大陸では後漢が滅び、魏・蜀・呉の三国時代を迎えた頃の書物【魏志】の中の倭人伝によると、倭国では2世紀の終わりに大きな争いがなかなか収まらなかったそうです。その時、邪馬台国女王・卑弥呼を立てたところ戦乱が収まり、邪馬台国を中心に30か国くらいの小国の連合体が生まれました。

卑弥呼は239年に、中国の魏に使者を送り、【親魏倭王】の称号と多くの銅鏡を贈られました。卑弥呼は、巫女として呪術的な能力を背景に政治を行っていました。

邪馬台国ではすでに、大人と下戸と言った身分があり、ある程度の統治組織や租税・刑罰の制度も整っており、市なども発展していました。

卑弥呼亡き後は、男の王がクニを治めましたがうまくいかず、卑弥呼の同族の娘・壱与が王となり治められました。中国大陸では、266年に魏に代わり【】が成立しており、壱与が晋に使者を送ったのを最後に、以降約150年間は日本に関する記述が中国の書物から姿を消しました。

この空白の4世紀は様々な説が取り上げあられています。

rekisi-daisuki.com

現在では、この邪馬台国がどこにあったかが議論されており、たくさんの説が飛び交っています。一応、こちらでも触れていますので、参考にしてみてください。

rekisi-daisuki.com

rekisi-daisuki.com

ABOUT ME
miumaga
歴史好きが高じて、日本史・世界史を社会人になってから始めました。史実を調べるのも好きですが、漫画・ゲーム・小説も楽しんでます。いずれ歴史能力検定を受ける予定。どうぞよろしくお願いします。