弥生時代

弥生文化の始まりはもっと早い時期からだった!?

f:id:miumaga:20190521201653j:plain

弥生時代は、水田稲作農耕の文化が大陸・半島から日本列島に伝来したことから始まります。

日本での水田農耕文化は九州北部で始まったとされており、その始まりも紀元前5世紀頃とされていましたが、近年の研究でその時期が紀元前10世紀後半との説が有力になりつつあります。

九州北部の弥生時代早期から前期にかけての土器を炭素14年測定法によって計測したところ、紀元前900年~800年頃に集中する結果となりました。この結果により、日本列島の住民が本格的に水田農耕を始めた年代は、紀元前10世紀ころまでさかのぼる可能性があることも考えるべきであるとしました。

また、稲作の伝達速度についてもこれまで、わずか100年ほどで近畿地方に広まったとされますが、上記の説が立証されれば数百年かけて全国に広まったことになります。

そうなると、縄文人は稲作文化をすぐに受け入れたわけでもなく、弥生人が短期間で日本列島を制圧しと訳でもないと言う事になります。

弥生人が制圧と書くと争いのイメージがありますが、縄文人と渡来人との間に目立った争いの形跡は残されていません。弥生文化が始まった頃の集落に渡来人だけの集落の遺跡はまだ見つかっていませんが、縄文系の文化と弥生系の文化が共存した集落は存在していることから、彼らは同じ集落で共存していたとされています。

ここから考えられるのは、多数の渡来人が来訪し、彼らが多数派となり弥生人となったのではなく、渡来人と先住の縄文人が混血し、縄文人が渡来人の文化を受け入れることによって弥生文化が生まれたと考えるほうが自然ではないのでしょうか?

しかし、日本列島全体がそうだった訳ではなく、北海道や沖縄などではその後も長い間、縄文的文化を残していましたし、その中間的な文化も残っている地域も存在しています。

弥生文化がさかのぼると古代日本史も変化!?

現在の日本では、元号と西暦を併用していますが、明治から戦前までは初代・神武天皇が即位された紀元前660年を元年とする【皇紀(神武天皇即位紀元)】と言われる紀年法も併用されていました。

ちなみに2019年皇紀2679年になります。

今から2679年前に日本と言う国ができたとされますが、この時代は縄文時代晩期に当たり、日本では国家が成立していないとされ、否定的な見方をされています。しかし、先述した通り日本の水田農耕文化の開始時期が紀元前10世紀頃には始まったと確認されることで、これまでの見解が大きく見直されることになります。

中国の後漢時代に書かれた、王充の【論衡(ろんこう)】の中で、『周の時、天下太平、越裳白雉を献じ、倭人鬯艸を貢す』と『成王の時、越常雉を献じ、倭人暢を貢す』と書かれています。この成王とは紀元前11世紀頃の人物である。

これまで、縄文時代に倭と言う勢力が無かったと前提で考えられていたので、この【論衡】の記述が評価されなかったのですが、弥生時代の開始が500年さかのぼると言う近年の研究が立証されれば、この頃に倭国と勢力が存在した可能性が高くなります。

弥生時代の始まりが500年さかのぼるという説が立証されれば、神武天皇の建国を始めとする日本神話の評価と位置付けや日本の古代史をも変える事になるでしょう。

rekisi-daisuki.com

ABOUT ME
miumaga
歴史好きが高じて、日本史・世界史を社会人になってから始めました。史実を調べるのも好きですが、漫画・ゲーム・小説も楽しんでます。いずれ歴史能力検定を受ける予定。どうぞよろしくお願いします。