縄文時代

縄文時代はいつ頃で、人々はどんな生活をしていたのか??

f:id:miumaga:20170908131949j:plain

縄文時代は世界史の区分で言うと新石器時代に相当するのですが、縄文時代特有の要素を兼ね備えており、日本史の中では、「旧石器時代」「縄文時代」「新石器時代」と分けられています。

これらの3つの時代の人類は石器を使っていたため、石器時代とまとめられてもいます。

とは言うものの、旧石器時代と新石器時代では、時間も数万年も離れており文化の違いは全然違います。

 

この記事では、縄文時代を中心に『旧石器時代、縄文時代、新石器時代の違い』も交えながら分かりやすく書いていきます。

縄文時代の時期について

旧石器時代は、人類が日本に来た頃~1万6000年前までの時代を指し、縄文時代は、約1万5000年前から2300年前を指します。

新石器時代とは、石器時代の最後の時代を指し、日本では弥生時代と呼ばれている時代です。始まりは紀元前3世紀ごろで終わりは紀元後3世紀ごろです。

 

地域により差はありますが、およそ 1万 6500年前(紀元でいうと紀元前145世紀)から始まり水稲農耕社会が 本格的になった弥生時代が始まる3000年前(紀元前10世紀)までの約1万年3000年の期間を指しています。

この頃の日本には文字もなく、出土した土器や石器などから年代を測定したうえで『どんな生活が営まれていたか』『どんな出来事が起こったか』を考察していくことによって縄文時代と言う時代の括りが出来ました。

様々な説や時期に幅があるのは、それが理由※です。                 ※一部では文字があったと言う説もあるが、証拠は見つかっておらず信憑性に欠けます。

 

ちなみに「1万6500年前から縄文時代が始まった説」は、AMS炭素14年代測定法という割と最近広まった過去にあった出来事の年代を測定する手法を使った結果出てきた説になります。

AMSの手法が信頼される前は「1万2千年前」が縄文時代の始まりの通説でしたが、現在は青森県津軽半島にある 「大平山元遺跡」で出土した土器片が1万6500年前の物だった可能性が指摘されたことから縄文時代の始まりが早まった事になります。

 

年代測定で使われる炭素14年代測定法をわかりやすく解説!! 考古学の世界では、文化的遺産や化石などの年代を測定するのに炭素14年代測定という方法があります。 縄文時代の記事を書いた時にも...

 

旧石器時代と縄文時代と新石器時代の違い

先述した通り、縄文時代は世界史の区分でいうと、新石器時代に当てはまります。

この旧石器時代と新石器時代の違いは、狩猟の際に使っている武器(石器)の造りの違いにあります。

 

  • 旧石器時代…打製石器⇒狩猟・採取が主体
  • 新石器時代…磨製石器⇒農耕・牧畜が主体

 

打製石器も磨製石器はそれぞれ『打ち付けて作った石器』と『磨いて作った石器』です。

人類が最初に作ったとされる道具が打製石器で、石斧やナイフ形の石器、尖頭器などを狩りや採取に使用していました。

 

一方の磨製石器ですが、縄文時代以降に登場した石器で打製石器に研磨作業を加えて形を整え、従来の打製石器よりも切れ味を良くしたものです。旧石器時代にも打製石器の一部を磨いているものが見つかっていますが、本格的に磨きをかけて作られた石器が登場するのは縄文時代以降と言われています。

 

磨製石器を取り入れていた縄文時代でも打製石器は継続して使われていました。

磨製石器は打製石器に比べると凹凸が少なく、スムーズに抜き取ることができるため、劣化か抑えられ繰り返し使うことに向いていたとされています。

打製石器に比べて作るのに時間がかかりますが、これは時間が確保できるようになったためとも言えます。狩猟だけに頼らずとも食料を確保することができるようになったのです。

 

上記に書いたように打製石器=狩猟、磨製石器=農耕・牧畜は世界史だと昔はセットだったようですが、次第にそれだけだと『旧石器時代』『新石器時代』という区分の仕方には当てはまりずらくなってきました。

私たちの住んでいる日本の縄文時代も、旧・新石器時代を正確に当てはめる事が出来ません。縄文時代は、狩猟・採取を主体としながら磨製石器を使用し、縄文後期には農耕も行っていた、ハイブリットな時代でした。

だから、日本史の場合に旧石器時代の後には縄文時代という独自の名称が使われるようになったと考えられます。

 

旧石器時代から縄文時代への変化

旧石器時代から縄文時代に移行する際、気温が上昇し海岸線もそれまでとは違ったものになったと言われています。当然、食料事情もそれまでと変わってきます。

旧石器時代にメインとなっていた「狩猟による食糧獲得」から「採集メインの食糧獲得」へと変化。特に、東北地方では温暖な気候と豊富な森林資源(=食糧)があることから栄えていたようです。

食料獲得事情はなぜ変化したのか?

ベルクマンの法則』をご存知でしょうか?

ベルクマンの法則

似たような種の動物は寒い場所ほど大きくなる』という法則です。

 

寒い旧石器時代に狩ることの出来た動物も暖かくなってくに連れて減少していき、小さな動物を狩らざるを得なくなりました。このような環境の変化により食糧事情が変わっていった事で、それまで食べてきた食料以外にも食べていかないと、餓死してしまうと言う環境を打破するために、縄文人は採集と言う手段で食料を確保していました。

東北ではクリを栽培管理していたとの説まであるそう(反対意見もあります)ですよ。

生活の変化

狩猟メインの生活から採集メインへと変わることで生活にも変化が起こりました。定住生活とそれに伴う日用品が発達したのです。この日用品の一つが「縄文土器」で食料の煮炊きなどに使われていました。

 

なお、縄文時代の植物分布図は以下の通りです。

 

f:id:miumaga:20140510075549j:plain
  縄文時代前期(6000年前頃)の日本列島の植生図と古地理 より

 

小さな獣を狩っていただけの時は大規模な集団生活が重荷になることもあったでしょうが、狩り以外の食糧獲得手段を得たことで状況が変わります。

 

  • 獣に襲われる確率を減らしたい
  • 煮炊きするための土器をつくる時間を確保したい
  • 時間はかかるけど性能の良い武器が欲しい

 

こういった面を考慮すると、集団での生活の方が無難だと推測できますね。

ただし、そこら中に洞穴が都合よくあるわけでもないため、集団生活を営むだけの住居を確保する必要が出てきます。そういった諸事情から縄文時代に入って暫くすると竪穴式住居が普及するようになりました。

 

縄文時代の宗教観

縄文時代には日本の宗教観の始まりともいえる信仰の証拠が所々で見つかっており、土偶や石棒等が知られています。それ以前にも信仰はあっただろうとされてはいますが、証拠が見つかっていないようです。

日本史特有の名前が初めてついた縄文時代は、日本独自の発展が始まった時代とも言えます。

 

縄文時代の信仰として、万物に精霊が宿るとされる【アニミズム】です。その自然への畏怖の念から、超自然的な力をもつシャーマンの力を借りようとする【シャーマニズム】が知られています。

この時代に作られた土偶はこのシャーマンに使用されたのではないかとも考えられています。

 

また当時の風習として、死者の再生を恐れ手足を折った形で埋葬した屈葬や、成人への通過儀礼的に行われていたとされる抜歯などがありました。

 

縄文時代の生活

縄文時代は温暖な気候と豊かな自然の恩恵を得られたことにより、食料の確保が容易となりました。また、温暖な気候が海面上昇を呼び、現在の日本列島のような島国となりました。

その結果、良くも悪くも大陸から文化が入ってくることがなく、独自の文化を形成していく事になります。さらには、縄文時代の遺跡からは争いの形跡が見つかっておらず、縄文の人々はほとんど争いがなく気候に恵まれたため穏やかな文化を持っていたとされてます。

 

そんな穏やかな生活の中で縄文人はどのような生活をしていたのでしょうか?

縄文時代の服装

この時代は、動物や植物性の衣服を着用してたと思われるため、土に分解され遺跡などでは発掘されていないのが現状です。

しかし、ある物から手がかりが掴むことができます。

 

それは…

 

 

土偶です…

 

縄文時代に作られた土偶には、服と思わしきものが作られています。

この土偶は筒状の上着とズボンらしきものを履いています。衣服は、動物の毛皮ではなく布らしきものを着てるのが想像できます。

 

宮城県山王囲遺跡では、編布や縄・紐が発掘されている事から、麻やカラムシのような植物繊維が使われて服を作っていたようです。

 

上記のことから縄文時代では、植物繊維を使った布製の衣服を着ていたのではないかと想像することが出来ます。

縄文時代の言葉

当時、文字などが無かったので、史料は見つかっていないので言語はハッキリしていません。しかし、集団生活をしていたのは分かっているので、コミュニケーションをとるための言葉はあったと考えるのが普通でしょう。

それが、日本語のルーツになると考えられています。

 

世界各地の言語は、祖語と言われる系統を同じにする言語が存在します。しかし、日本語には祖語を共有する言語が見つかっていません。これは、島国で独自の文化であった為と考えられています。

縄文時代に話されたであろう言語とその後の大陸文化の伝来で今日の日本語が形成されたと言う説があります。

縄文時代の住宅事情

縄文時代ではそれまでの移動型から定住型の生活へと変わりました。

定住した場所を【ムラ】と呼ばれ、複数の血縁関係でまとまって生活する社会が形成されていました。

そのムラに人々が住む住居【竪穴式住居】と食料を保存する【高床式倉庫】が作られていました。

 

 

 

 

縄文時代の【ムラ】を再現した青森の三内丸山遺跡では、貝塚も発掘され、幾層にも積み上げられた貝層を形成しておりその年代は1500にも及ぶことが分かりました。更に多数の墓も発見されたことから三内丸山遺跡で世代交代が行われていたことの証明となりました。

それまでの縄文時代の暮らしは旧石器時代と同様に狩猟を中心とした移動型と思われていましたが、この遺跡発見で新石器時代の様に長期定住を行っていることが分かりました。

 

縄文時代の名前の由来は??

f:id:miumaga:20181028120628j:plain

1万年の長い期間にはもちろん紆余曲折があります。土器や住居などだけではなく、気候も変わっています。

気候変動は、環境に適応するために様々な工夫を生み出すことになりました。 旧石器時代から縄文時代へ、縄文時代から弥生時代へ変わっていったのも、この『気候変動』が 大きく影響していると言われています。

縄文時代の気候変動については下の記事に詳細を書いています。

 

7万年頃の縄文時代の気候変化 今からおよそ7万年前に、それまでは温暖だった気候が世界的に寒冷化していき、およそ1万年前までヴュルム氷期という氷河期が断続的に続くこ...

 

さて、この縄文時代の1万年。実を言うと時期により6つに分けられているのです。時期を区分する際には基準となる「あるモノ」があります。

 

その「モノ」とは…

 

旧石器時代から縄文時代へと移行すると同時に見つかった「土器」のことです。年代に誤差はありますが、この 土器が基準となって6つに分けられます。それぞれの分類は下の区分表を確認してください。なお、世界史の区分に直すとすれば、中石器時代~新石器時代に相当するようです。

草創期約1万5,000年~1万2,000年前
早期約1万2,000~7,000年前
前期約7,000 – 5,500年前
中期約5,500 – 4,500年前
後期約4,500 – 3,300年前
晩期約3,300 – 2,800年前

時代区分に使われるほど重要視されている「土器」。実は縄文時代に入る前の旧石器時代との差は、この「土器」にあります。日本史の区分のうち、最初の3つ「旧石器」「縄文」「弥生」時代の区分は全てこの土器が基準になっていると言って良いでしょう。

 

  • 旧石器時代は「土器」がない時代。
  • 縄文時代はいわゆる「縄文土器」が発掘された時代。
  • 弥生時代は「弥生式土器」が発掘された時代。

 

それぞれの違いは下の記事を参照にしてください。

 

日本列島が陸続きの頃
わかりやすい日本史の流れ 【旧石器・縄文、弥生時代、古墳時代】 歴史は、大まかな流れを把握したうえで勉強すると覚えやすいと言う事で、日本史の流れとして旧石器時代~古墳時代までの流れを書いて行きたいと...

 

撚り紐(綱引きの縄をイメージしてください)を土器の表面に当てたり転がしたりして作った文様が多く見られたことから「縄文土器」という名前が付けられ、その土器の名前から縄文時代という名前が付けられたのです。

※2021年4月22日 更新

ABOUT ME
歴ブロ
歴史好きが高じて日本史・世界史を社会人になってから始めました。 文章メインのmiumagaとイラストメインの歴ぶろで運営しています。史実を調べるだけじゃなく、漫画・ゲーム・小説も楽しんでます。いつか歴史能力検定を受けたい。どうぞよろしくお願いします。