日本史の流れ

平城京と遣唐使派遣

645年に乙巳の変がおこり、日本国内の大改革を行う前。

618年、東アジアの情勢は劇的に変わっていました。諸説ありますが、この東アジア情勢の変化により日本国内の大改革、乙巳の変以降の大変革が起こったとも言われています。

唐による中国統一です。

天皇の即位に伴う遷都ではなく、長期的な都を作ったのも唐の建国が大きく影響しています。大国・唐と渡り合うため天皇の権力・権威を高め、強い中央集権国家を作る必要があると考えたのです。

最初に長く住める都を作ったのは飛鳥時代末期のこと。奈良県の橿原市に作った藤原京という都でした。書物に書かれていた唐の都を真似て作りましたが、遣唐使の報告で唐の都・長安とは全く違うことが判明。藤原京から別の都への遷都を決めた理由の一つとも言われています。

その遷都をきめた都こそが平城京。奈良盆地北部に位置します。この平城京を都とした710年から794年の平安京遷都までの時代を奈良時代と呼んでいます。今回は、奈良時代がどんな時代だったのか?をまとめていくことにします。

遣唐使の派遣

隣国がとんでもない大国だったことから、日本は積極的に情報収集を開始。かなり危険な航海にも拘らず20年に一回は必ず遣唐使を派遣していますし、当時朝鮮半島の付け根部分の渤海という国にもかなりの頻度で使節の往来を行っています。

大使だけでなく、留学生や学問僧など派遣される人々は多岐に渡ります。日本から留学して戻ってくる人たちだけでなく外国からやってくる人々も多く、唐などから先進的な政治制度や国際的な文化がもたらされ、国際都市・平城京とも言える程の都市となっています。

平城京と地方社会について

平城京のつくりを見てみよう

中央集権国家を目指した朝廷が目指した長く持つ都・藤原京は書物を参考に唐風の都を作ったということもあって唐の都・長安とは似ても似つかないものでした。

そこで実際に見てきた者達からの情報を元に、東西南北に走る碁盤の目状の道路で区画する条坊制の都市を採用します。

平城京の条坊制

都は南北に走る朱雀大路で東の左京と西の右京に分けられ、北には平城宮が位置します。平城宮は天皇の生活の場や政務・儀礼の場が設けられていました。二官・八省などの官庁も置かれています。

基本的に平城京に遷都した後も701年に定められた大宝律令によるルールが生きていますので、二官八省など役職や政治制度を詳しく確認したい方は下の記事をご覧ください。

平城京のうち、京には貴族や官人・庶民の住居があります。右京の方が沼沢地が多く建造物が建てにくい。そのため約10万人の人口のうち多くは左京区に住んでいたと言われています。貴族たちは左京の中でも平城宮に近い場所に、他の下っ端官人や一般庶民たちは南側に住んでいたようです。

さらに大安寺・薬師寺・興福寺、後々に東大寺や西大寺などの大寺院が建てられていきます。

平城京の経済事情はどうだったの??

左京・右京には官営の市が設けられ、地方から運ばれた産物や官吏たちの給与である布や糸の交換が始まります。そのうち、京からずっと東にある武蔵の国から銅が献上されると和同開珎と呼ばれる銭貨を鋳造(ちゅうぞう)し、和同開珎を用いて品物を売買するようになりました。

その賑やかな様子は平城京から出土した品々からも伺えます。

市は誰でも出店できたそうで、長屋王などの貴族も出店していたことが分かっています。絹や木綿、帯に針、櫛、硯に筆、大刀などの武器に米・塩・油などの食料品…売り物は多岐に渡ります。

貴族達は邸宅内に様々な職人さんを雇っていて、そういった職人さんの作ったものを売っています。それ以外の人達は租・庸・調を平城京に納め(平城京まで租庸調を運ぶ運脚という税もありました)、その余剰品を売ります。逆に必要な租・調・庸を用意できなかった人は足りない分を市で手に入れることもありました。

価格は現在のように売り手が決めるのではなく、売り手と買い手の交渉によって決められました。

その積み重ねで凡その値段が分かるようになると、市の監督をする市司の作った価格表のようなもので交渉の参考にするようになりました。また、市司は売られている品物だけでなく、銭貨の粗悪品や欠陥品の取り締まりも行っています。

平城京までの交通網はどうなっていたの??

律令制度によって法整備を行う中、中央と地方を結ぶのに都を中心に七道の諸地域へと伸びる官道(駅路)が整備されます。農民たちは、この官道を使って租・庸・調を平城京まで納めていました。

官吏は…というと、約16㎞ごとに駅家(うまや)を置く駅制が敷かれており、駅にいる馬を公用に利用することができました。駅制については律令国家と道路の成立をご覧ください。

大きな道路がある一方で、地方には郡家などを結ぶ道(伝路)が整備されています。ちなみに郡家は国の下に位置する役所のことです。

地方行政組織

地方にある国の施設を見てみよう

上に書かれた地方行政組織の図を見ていただくと分かるかと思いますので簡単に。

まず大前提として地方にあるまとまった地域をと呼んでいました。「山城国」「武蔵国」なんかはそれぞれの地域の名称です。現在の◯◯県に当たるものとして考えてください。

その国の中にある県庁所在地みたいなものが国府です。国府には政務や儀礼を行うための国衙が置かれ、各種実務を行うための役所や税を納めておく倉庫群、さらには県知事のような存在の国司の住居などがあり、政治・経済の中心地となっています。

当時は宗教の信仰も熱心です。国府の近くには国分寺も建立するようになりました。

こうして徐々に国家体制が確立し、中央政府は力を持つようになっていったのです。

ABOUT ME
miumaga
歴史好きが高じて、日本史・世界史を社会人になってから始めました。史実を調べるのも好きですが、漫画・ゲーム・小説も楽しんでます。いずれ歴史能力検定を受ける予定。どうぞよろしくお願いします。