奈良時代

平城京を中心とした貴族文化の天平文化

※画像はイメージで、鎌倉の大仏です。

中央集権体制が確立した奈良時代は、平城京を中心に富が集まり、貴族文化が花咲きました。この頃は聖武天皇の治世で、その元号を取り天平文化と呼ばれています。

この天平文化は、遣唐使からもたらされた唐からの文化を取り入れたことから、唐文化の影響が強く出ているのが特徴です。

 

古事記と日本書紀、万葉集などの国史の編纂

律令制度が確立した事から、日本も国家としての意識が高まり、政府による統治の由来や国家の形成・発展の過程を示すために、国史の編纂が進められました。

日本で初めて行われた国史編纂事業は天武天皇の時代で、【古事記】【日本書紀】が作られました。712年にできた【古事記】は、神話や伝承などを含めて、神代から持統天皇までの歴史を天皇中心に記されています。

720年にできた【日本書紀】は、中国の歴史書の体裁をならい漢文で書かれており十分な検討の必要はありますが、古代史の貴重な資料として日々研究されています。

こうした歴史書と共に、郷土の産物、土地の由来や伝承などが記された、地誌である【風土記】が713年に編纂されました。常陸・出雲・播磨・豊後・肥前の五か国で【風土記】が伝えられましたが、完全に残っているのは【出雲国風土記】だそうです。

 

上記のような書物の編纂や史書を解読するのに貴族や官人には漢詩文の教養が必須とされて、751年には大友皇子・大津皇子・長屋王らの漢詩を納めた最古の漢詩集【懐風藻】が編纂されました。

日本古来の和歌も天皇から庶民まで読まれるようになり、759年には和歌4500首を収録した【万葉集】が編集されました。この万葉集には、人々の心情が率直に表れており、心に響く歌が多く見られます。

 

仏教国家の設立

仏教は奈良時代に、国家の保護を受けて大きく発展しました。

この時代の天皇は、【鎮護国家】の思想で仏教を使い国の発展と統治を考えており、奈良の大寺院では様々な仏教理論の研究が進められていました。

当時の僧侶は宗教者であるとともに、最新の文明を身に着けた一流の知識人として認識されており、玄昉のように聖武天皇から信任されて政治の世界で活躍する僧侶も多くいました。日本への渡航の失敗を繰り返し、日本に戒律を伝えた唐の鑑真の活躍も日本の仏教発展に大きく貢献した一人でした。

 

奈良時代に僧侶が増えた理由と鑑真の来日理由を調べてみる前回の記事に載せた、僧侶が来日した理由・・・特に今回は鑑真に焦点を当ててみようと思います。今回のテーマ「僧侶が増えた理由」にも鑑真の来日...

 

仏教が国の保護を受けている反面、厳しい制限も受けており、僧侶の活動は寺院内のみとされていました。後の大僧正に任ぜられて大仏の建設に携わった行基は、国家の取り締まりをかいくぐり民衆へ布教活動や社会事業を積極的に行い、多くの民衆たちの支持を受けていました。

 

こうした仏教の鎮護国家思想を受けて、聖武天皇による国分寺の建設や大仏像造営などの大事業が進められることになるのですが、こうした政策は国家財政の大きな負担となりました。

日本に仏教が根づく過程で、現世利益を求める手段とされたり、在来の祖先信仰と結びつき、祖先の霊を弔うための仏像の造立や写経が行われるようになりました。また、仏教の政治化を嫌い、大寺院を離れて修行する僧侶たちが表れて後の平安新仏教の母体となりました。

 

奈良時代に僧侶が増えた理由と鑑真の来日理由を調べてみる前回の記事に載せた、僧侶が来日した理由・・・特に今回は鑑真に焦点を当ててみようと思います。今回のテーマ「僧侶が増えた理由」にも鑑真の来日...

 

天平文化の芸術

貴族と寺院の豊かな生活と仏教の発展に支えられて、奈良時代には多くの美術品が作られました。建築部門では、寺院や宮殿に礎石・瓦を用いた壮大な建物が作られました。代表的な建物として、法隆寺伝法堂・東大寺法華堂・正倉院宝庫などがあります。

彫刻部門では仏像が多く、その表情豊かな調和のとれた仏像が多く、木像や金銅像のほかに、木を芯として粘土で固めた塑像や、漆で塗り固められた乾漆像が誕生しました。

絵画では正倉院にある鳥毛立女屏風の樹下美人図や、薬師寺に伝わる吉祥天像などが有名で、どれも唐の影響を強く受けた作品としてしています。工芸品では、聖武天皇の死後に服飾品、調度品、楽器、武具などの遺愛品が多く、正倉院宝物に含まれています。

 

こうして平城京を中心として、天平文化と仏教政治が広がっていくのですが、この仏教政治が足かせとなり、国の財務状況が悪化し光仁天皇や桓武天皇による政治再建政策が始まることになります。

 

その一環として、遷都を行うのですが…

これは、次回に説明していきたいと思います。

 

 

ABOUT ME
miumaga
歴史好きが高じて、日本史・世界史を社会人になってから始めました。史実を調べるのも好きですが、漫画・ゲーム・小説も楽しんでます。いずれ歴史能力検定を受ける予定。どうぞよろしくお願いします。