戦国三英傑の身長と【どうする家康】で登場した人物も史実と比較!!

歴ブロ

歴史上では様々な人物が登場しますが、肖像画だけではその人の体格はイメージできません。特に戦国時代などの戦いが多かった時代では、武器を持って敵をなぎ倒すことから大柄な人が活躍したのではないかと勝手にイメージしてしまいます。

鎌倉幕府の創設者・源頼朝の身長は165cm程と現代の男性平均より少し小さめの人物だと言われています。弟・義経に関しては155cmと小さく、鎌倉殿の13人で義経を演じていた菅田将暉の175㎝よりはるかに小さい人物だったそうです。

そこで今回は、有名な戦国時代の武将たち身長を比べてみたいと思います。

 

源頼朝の平氏滅亡から鎌倉幕府設立、謎の死までの53年の生涯 鎌倉幕府を開いた人物として日本史では、必ずと言っていいほど教わる源頼朝は、武家政権のパイオニアとしていかにも立派な人物のイメージ...
鎌倉殿の弟・源義経がどうして最後は頼朝に討たれることになったのか?? 鎌倉殿の13人でも源頼経と頼朝感動の再開を果たした場面がありましたが、頼朝が鎌倉殿と呼ばれ始めると徐々に、その確執の片りんが見え...
スポンサーリンク

戦国時代の平均身長と三英傑の身長

この時期の平均身長は男性で155cm女性で145cm程度と言われています。ちなみに現代は男性・170cm、女性・158cm程となっています。あくまでも平均身長ですから大きい人もいたでしょう。しかし、現代と比べると10cm以上の差がある事から、150~160cmくらいの人が多かったと思われてます。

では、戦国三英傑を筆頭にどうする家康で気になった人物の身長を紹介していきましょう。

織田信長:身長→約170cm

どうする家康では岡田准一さんが演じていた織田信長。彼の身長が169cmと言われていることから史実と同じ体格ではないかと思われます。ドラマでは【第六天魔王】のイメージそのまま魔王チックな信長でした。

宣教師のルイス=フロイスは背が高くて・やせていて・髭が少ないと記しています。

ルイス=フロイスから見た織田信長の性格は恐怖ばかりではなった!? 安土桃山時代のポルトガル宣教師・ルイス=フロイスは、母国に報告をするために日本の事について書いています。その中に、織田信長につい...

豊臣秀吉:身長→140~150cm程

豊臣秀吉を演じるムロツヨシさんは168cmと史実より大柄なため、伝わっている秀吉像とは違いますが、これまでにない秀吉を怪演してくれて楽しませてくれました。実際の性格は、わかりませんがドラマではサイコパス的なキャラが際立っていましたね。

豊臣秀吉の出世人生!!どのようにして天下人となったのか?? 日本の歴史上、超が付くほどの大出世をした人と言えば、豊臣秀吉をおいて他にいません。歴史上有名な人物でも、織田信長・徳川家康につぎ豊臣...

徳川家康:身長→155~158cm程

150cm後半で70㎏の肥満体形だった家康に対して、どうする家康で主人公を演じた松本潤さんは173cmとイケメンすぎる家康でした。史実では、肥満体系ながら三英傑の中では75歳と長寿でした。

2023年NHK大河ドラマ主人公・徳川家康の生涯【幼少期~長篠の戦まで】 最終的に天下統一を果たし、その後太平の世にする礎を作った徳川家康。忍耐の人というイメージの家康がどんな人生を送ったのかを調べていきた...

 

ドラマで活躍したあの名将たちは?

今年の1月から始まったどうする家康ですが、数々の名将たちが活躍し散っていきました。そこで、個人的に大好きな武将たちにスポットを当ててみたいと思います。

本多忠勝:身長→約160cm

彼の甲冑から推測して160cm前後だったと言われています。

剛力で長い槍を振り回していたことから、大男のイメージがありましたが当時の平均身長くらいで、現代人に比べると小柄な人物だったようです。忠勝を演じていた山田祐貴さんが177cmと言うことですから、ドラマでは一般的なイメージ通りに描かれていたと思います。

戦国最強武将・本多(平八郎)忠勝はどんな人?? 【徳川四天王】【徳川三傑】【徳川十六神将】のいずれにも入っている、徳川家最強の武将が本多忠勝です。【日本三大名槍・蜻蛉切】を携え...

井伊直政:身長→165cm

徳川四天王の一人井伊直政は容姿端麗で当時にしては長身な人物だったようです。演者の板垣李光人さんも似たような身長でイケメンである事からイメージがしやすいかもしれません。ただ、童顔だったので個人的には髭が似合ってなかったように感じます。

榊原康政:身長→173cm

文武に優れた武将である榊原康政は、杉野遥亮さんが演じていました。康政が173cmで杉野さんが185cmの現代でも長身で体系的には似たような感じだったかもしれませんね。ドランでは、本多忠勝との最後のやり取りが印象に残っています。

武田信玄:身長→153cm

阿部寛さんが190cm近い身長なため、大柄で威圧感のある武田信玄がインプットされましたが史実では153cmと小柄だったようです。どうする家康では前半の重要人物として、私の想像通りの武田信玄で大好きでした。

山形昌景:身長→140cm程

自分的に意外だったのが武田騎馬隊を率いる山形昌景。小柄な体形ながら戦場では、武田の小男が現れたと恐れられてそうです。

武田家は騎馬隊は有名ですが、この時代は日本古来種の馬で120cmの高さでポニーのような馬でした。そのポニーに150cmくらいのガチムチのおっさんたちが戦場を駆け巡っているのを想像するとシュールな感じがしますね。

前田利家:身長→180cm

加賀百万石の基礎を作り上げた前田利家は身長180cmかなりの大柄な人物でした。仲の良かった秀吉は小さく醜いと言われているに対して利家は、長身でイケメンだったようです。

加賀百万石の祖・前田利家の一本気な人生 おそらく北陸地方では知らない人はいないであろう、加賀百万石を一代で築いた前田利家。その才能は、武芸だけではなく算術にも長けていました...

豊臣秀頼:身長→190cm以上とも…

どうする家康では、ラスボスとして大坂の陣で家康と対峙したのが豊臣秀頼でした。

一般的に伝わっている秀頼の体系は190cm以上160kg程と関取体系だったと言われています。父・秀吉が小柄だった事で親子否定説が流れますが、母・淀殿の家系が長身だったので遺伝子的には問題ないと思われます。

伝承通りの身長・体重ならドラマと史実の秀頼は全然違うキャラ設定となりますね。

徳川家康は二条城会見で豊臣秀頼の才覚に脅威を感じ滅ぼす決意をした!? 一般的に、石田三成との戦いを制して天下を掌握したイメージが強いですが、実は関ケ原の戦いは、豊臣恩顧の武断派と文治派の争いの側面が強い...

 

この記事は、yahooニュースエキスパートの記事をブログ用に修正・加筆しています。

 

スポンサーリンク
ABOUT ME
歴ブロ・歴ぴよ
歴ブロ・歴ぴよ
歴史好きが高じて日本史・世界史を社会人になってから勉強し始めました。基本的には、自分たちが理解しやすいようにまとめてあります。 日本史を主に歴ぴよが、世界史は歴ぶろが担当し2人体制で運営しています。史実を調べるだけじゃなく、漫画・ゲーム・小説も楽しんでます。 いつか歴史能力検定を受けたいな。 どうぞよろしくお願いします。
記事URLをコピーしました