人物伝

2020年の大河ドラマ【麒麟がくる】主人公・明智光秀の人生!!

2020年度の大河ドラマが【麒麟がくる】で人気の高い戦国武将の明智光秀が主人公となりました。そこで、このブログでも大河の波に乗ってしまおうということで、明智光秀についていくつか書いていきます。

そのうちの一つとして、基本中の基本である明智光秀の人物伝を書いていきたいと思います。

 

明智光秀の出生の秘密

明智光秀は、清和源氏の家系で、美濃源氏土岐氏支流の明智氏の出身で、この時代の戦国武将の中では織田信長同様に知らない人がいないくらいの知名度を持つ人物です。現在でも、大河ドラマを始め、小説、ゲームなど様々なメディアで取り上げられています。

そんな知名度の割には、出生が定かではなくハッキリしているのは、織田信長と絡んできた当たりでした。

 

生年に至っては、

  • 永正13年(1516年)生まれ 67歳没
  • 享禄元年(1528年)生まれ 55歳没
  • 天文9年(1540年)生まれ 43歳没

 

と主に3つの説があり、光秀は信長から【このキンカ頭(禿頭の意)】と呼ばれていたことを考えると、享年は55歳くらいが妥当と考えられています。

 

明智光秀、戦国の世に登場

明智光秀がハッキリと世に出てきたのは、足利義輝が暗殺された永禄の政変の時と考えられています。1565年、13代将軍・足利義輝が三好三人衆と松永久秀の手にかかり無念の死を遂げ、弟・義昭は命かながら姉婿の武田義統の元へのがれました。

しかし、義昭は再度上洛の機会を伺い、各地の武将に自らの将軍擁立のために上洛をさせてくれる大名を探し依頼をし始めていました。その使者として、後の織田家重臣の細川藤高が織田家に派遣され、織田信長が上洛の申し出を受けることになります。

 

ところが、トラブルが起こります。

1566年に義昭は、織田家と斎藤家との間で和睦を結ばせていましたが、わずか数か月で信長が和睦を破棄し美濃へ侵攻します。1567年に稲葉山の戦いにて斎藤龍興を破り、美濃の地を制圧しました。

 

織田信長はどうして居城を次々と変えていったのか?② 岐阜城~安土城  稲葉山の戦いで宿敵斎藤家を討ち滅ぼした織田信長。ここからよいよ信長は天下統一へと加速していくことになります。 稲葉山城※陥...

 

織田信長と明智光秀の出会い

当の明智光秀は、美濃を納めていた斎藤道三に仕えていたが、竜興との跡目争いで明智一家が離散し、光秀自身は越前の朝倉義景の下で10年ほど仕官していたとされています。

明智光秀が歴史上に登場するのは、足利義昭が朝倉義景を頼る過程で光秀と接触した事がきっかけでした。

 

こうして足利義昭は、朝倉義景に上洛をお願いする運びとなったのですが、肝心の義景は腰が重く、一向に上洛の素振りも見せませんでした。しびれを切らした義昭に対し光秀は、【織田信長こそ頼れるものなり】と再度話を持ち掛けて自らが使者となりました。

 

ついに1568年に足利義昭は明智光秀の仲介で、再度、織田信長に上洛の交渉を始めたのです。実際の交渉は、細川藤孝が行っておりさらに藤孝と信長の間に明智光秀がはいっていたことで、信長と光秀が出会い織田家に出入りしていたとされています。

 

足利義昭の上洛

1568年に織田信長が足利義昭を擁して上洛すると、明智光秀と細川藤孝も同行しました。

信長が岐阜に戻っても、明智・細川両名は義昭の下に留まります。

 

しかし、1569年に足利義昭が三好三人衆に襲撃される本圀寺合戦が起きます。

光秀と藤孝の善戦と信長の援軍により事なき得ました。信長の功績を残した【信長公記】に明智光秀の名が出てきたのはこの戦いから登場することになりますが、立場的には足利将軍家と織田家に両方所属している扱いだったと記録されています。

 

将軍・足利義昭の追放と室町幕府の滅亡

1568年足利義昭は15代将軍となりましたが、信長は将軍を利用して権力の掌握をしようとしたので、義昭は違和感を覚えていました。将軍として全国を支配したいと思っていた義昭は信長とすれ違う事になり、これが明智光秀の人生に大きな影響を与えます。

 

信長は、【殿中御掟】を出すなどをして将軍の行動を制限しますが、義昭は裏で朝倉義景と通じており信長を討つように命じていました。一方で信長はその動き見て警戒し、朝倉義景に対し上洛の命を出しますが、義景はそれを無視します。

上洛の命を黙認した義景に激怒した信長は、越前へと出兵するのでした。

 

織田信長の天下布武は最初は小さい天下だった!?将軍追放との関係とは… 天下統一と聞くと一般的に全国を平定すると捉えますが、最近の研究では必ずしも 天下=全国ではないと言う考え方があるそうです。 ...

 

金ヶ崎撤退戦

この時、明智光秀も従軍していました。

他にも羽柴秀吉・徳川家康らが参戦していました。

織田軍に対し朝倉軍が劣勢と思われたその時に、背後にいた浅井長政が朝倉方に寝返りました。背後を取られた織田軍は、撤退を余儀なくされました。

この撤退戦【金ヶ崎の退き口】は、羽柴秀吉(豊臣秀吉)が活躍した事で有名ですが、明智光秀も殿の一人として加わっていました。

足利義昭に通じていた朝倉義景との戦いに従軍してたより、将軍家・織田家の二足の草鞋を履いていた明智光秀でしたが、この時点で織田家側に段々とシフトしていくことになります。

 

反信長勢力による【信長包囲網】 第1期 1568年~1571年 織田信長は1567年【天下布武】のキャッチフレーズのもと足利義昭を奉じて上洛する事に成功します。しかし直後に反対勢力による抵抗を受け...

 

比叡山焼き討ちと近江坂本城

1571年に石山本願寺が挙兵すると、明智光秀は信長に従軍し摂津国へ出陣しました。

この戦いで明智光秀は、信長に比叡山焼き討ちの命を受けてその武功が認められて、近江国滋賀郡5万石が与えられて坂本城を築城します。この滋賀郡の拝領をもって明智光秀は、織田家臣団へ編入され事になります。

 

1573年2月に足利義昭が信長に反旗を翻した、石山・今堅田城の戦いでは、完全に義昭と袂を別って織田家の直参として参戦しました。それでも信長は将軍を重んじて義昭との和平交渉を進めていきますが、さらに槙島城で挙兵した事により関係が決定打となり、足利義昭が追放され室町幕府が滅亡することになります。

 

室町幕府の成立と滅亡までの流れ 戦国時代は、室町末期から安土桃山時代と並行しているために、肝心の室町時代の流れがイマイチつかみにくいと思っているのは自分だけでしょう...

 

1575年には、京都の権益安堵関係の奉行役として政務をこなし、当時、京都所司代だった村井貞勝と同じ立場で仕事をしていました。また、朝倉氏滅亡後の越前の地で羽柴秀吉と滝川一益と共に占領行政を担当する政務も行っていました。

これらの功績が認められ、1575年7月には惟任(これとう)の賜姓従五位日向守を受け惟任日向守となります。

惟任日向守とは、武家官位の仮名※です。※本名のほかに付けられた仮の名まえ

織田信長が朝廷にじきじき働きかけて明智光秀に授けた名前で、それほど光秀は信長に家臣として有能な人材だと思われていた証拠でしょう。

 

  • 惟任…九州大分地方で平安時代・鎌倉時代の有力な勢力を誇った武士団【大神氏】の通り字です。※通字とは、先祖代々受け継がれる字のこと
  • 日向守…日向国(現在の宮崎県)治める官職の事を言います。しかし、戦国時代は部下への恩賞で、私的に名乗れるような風習だったので、実際に日向国を治める日向守ではなく、完全に前者であったとされています。

 

琵琶湖の水上交通の重要な拠点の坂本城

これまで居城だった宇佐山城よりも坂本城は、滋賀郡の行政統治に適した城でした。

琵琶湖の水上を利用した交通ネットワークは、岐阜城と京をつなぐ重要な拠点となっていました。

琵琶湖の水上交通を支える重要拠点

 

信長の本拠地・岐阜だけではなく安土城の完成後を考えても、明智光秀の坂本城がどれだけ重要拠点だったかわかると思います。このことからも、信長から絶打なる信頼を得ていたことが伺えると思います。

 

<スポンサーリンク>



天下人・信長の家臣としての明智光秀

足利義昭追放後の織田信長は破竹の勢いで天下人へと駆け上がっていきます。

その過程で、明智光秀は織田家の重臣として数々の功績を残していきます。

この頃から信長は、西諸国へと目を向けていましたが、東の上杉謙信や武田信玄などのカリスマ君主が次々と死去しているとはいえ、強敵であることには変わり在りません。

そこで信長は、東諸国と機内統一に全力を注ぎます。

 

明智光秀も信長と共にいくつもの戦いに従軍しました。

光秀の従軍した戦い
  • 高屋城の戦い(1575年)
    ※本願寺との戦いとの一つ
  • 長篠の戦い(1575年)
    ※武田勝頼を相手に設楽原で快勝
  • 越前一向一揆(1575年)
    ※本願寺との戦いとの一つ

長篠の戦いは、史実通りの快勝で武田家滅亡のキッカケを作ることに成功しました。しかし、特に大坂の石山本願寺が鉄砲の名手たちが揃う雑賀衆を取り入れ、織田軍の侵攻を見事に阻んでいました。

1576年天王寺の戦いで、明智光秀は苦戦を強いられ信長の援軍で一命をとりとめています。この直後、光秀は重病になり倒れてしまうアクシデントに見舞われますが、1577年には、細川藤孝、荒木村重ら機内勢と共に雑賀・根来衆討伐に出陣します。

 

さらに、明智光秀は謀反を興した松永久秀討伐の信貴山城の戦いを経て、【丹波攻略】を信長に命じられ、各地で転戦しながら丹波を攻略すると言う休みもないほどの日々が続いていきます。

この頃の織田家中は、明智光秀だけではなく我先に功を急ぎ各地を転戦していました。

 

1578年には、荒木村重が謀反を起こしたため、その対応にも追われることになります。

そんな状況で、中国地方攻略中の羽柴秀吉の支援のため、播磨へ向かい支援をおこなたったり、丹波平定を行ったりと本能寺の変までの数年間でめまぐるしい展開で歴史が動いていきました。

 

そして、1579年に丹波平定が最終段階へと突入しました。

2月には八上城を続けて8月には黒井城を落とし丹波国を平定し、そのまま細川藤孝と協力し丹後国の攻略と運びになりました。

 

この頃の明智光秀は、信長から絶大の信頼を得ており、丹波国を支配するまでに出世しておりました。一方で、石山本願寺の攻略を任されていた佐久間信盛に対し、信長は折檻状を送り、以下のように明智光秀の武功を絶賛したのは有名な話です。

【光秀は丹波を平定し、天下の面目をほどこした】

この後、佐久間盛信は織田家を追放されてしまいます。譜代の重臣でも働きが悪ければ追い出されてしい、働きが良ければ新参者でも重宝される織田家とはいえ、明智光秀の武功がそれだけ素晴らしいと信長は思っていたことでしょう。

 

この時、本能寺の変まで3年の1579年、その間に明智光秀は何を思い謀反と言う結論に達したのでしょうか?

 

もしかしたら、この時すでに…

それは、本人しかわかりません。

 

本能寺の変と山崎の戦い

明智光秀が他の重臣たちより重用されたのは、将軍・義昭の元家臣と言う事があったかもしれません。細川藤孝と同じく洗練されており、羽柴秀吉・柴田勝家・滝川一益などと比べ物にならないほど礼儀正しかったそうです。

特に、1581年頃の京都での馬揃えの軍事パレードでは、明智光秀が戦の合間に準備し、忙しさに拍車をかけて末に行われました。信長の天下が近づくに連れて、こうした政務的な仕事も増えていきました。

 

そして、運命の1582年…

詳しい理由は色々な説があり、決定的なものはありませんが明智光秀は織田信長に反旗を翻します。

 

1582年5月28日に行われた連歌会で明智光秀は当日、こんな連歌を詠んだとされます。

【ときは今 あめが下知る 五月かな】

【意訳】今こそ土岐氏ルーツの明智が天下に号令するときだ

 

そして6月1日夜、秀吉の中国攻めを助けるため、13,000の兵を丹波亀山城から進軍させるのですが、明智軍は本能寺へ兵を進め1582年6月2日にこの日は訪れます。

 

詳しい内容や様々な説などは以前の記事を参考しもらえればいいと思います。

 

本能寺の変は明智光秀の単独犯行だった!? 1580年に本願寺討伐の責任を取らせる形で佐久間信盛親子を追放しました。 その時に、織田信長は19カ条からなる折檻状を記しまし...

 

明智光秀はなぜ、本能寺の変で信長に反旗を翻したのか? 天正10年(1582)6月2日明智光秀は本能寺に宿泊中の織田信長を襲撃し、自害へと追い込みます。これが一般的に知られる【本能寺の変】...

 

信長を討った後の明智光秀は、安土城で強奪を行いその金子で味方増やそうと奔走します。

ここで最大の誤算となるのが細川親子戦線離脱でした。

将軍家臣時代からの盟友・細川藤孝でしたが、父子ともに明智光秀の味方に付く前に髪を切り、喪に服しダンマリを決め込みました。さらには細川忠興の正室、光秀の娘である明智玉(細川ガラシャ)を幽閉し、織田家に対して【身の潔白】を証明する姿勢に努めました。

さらには、娘婿の筒井順慶にも要請を無視され、同じく娘婿の津田信澄織田信長の甥っ子)は織田信孝に殺され、思うように味方を得られませんでした。

 

こうして、手をこまねいているうちに来るはずのない羽柴秀吉が中国大返しという大技を決めて、京都の山崎の地にやってきました。

 

羽柴VS明智軍による山崎の戦いの火ぶたが切られました。

しかし、明智光秀は羽柴勢にフルボッコにされあえなく敗走し落ち延びる途中、落ち武者狩りの手にかかり、討ち死にを遂げました。

嫡男・明智秀満や斎藤利三といった明智の重臣達もまた、もはやこれまでと悟り、滅びの道を辿りました。

 

最後に…

織田信長が出てくる作品には必ず明智光秀が出てくるが、信長を討つ出番が多く研究されている割には彼自身の作品があまりありませんでした。大河ドラマでも、主役になった事がありませんでした。

 

2020年の大河ドラマで、明智光秀が主役の『麒麟がくる』と言う事で簡単ではありますが、その人物を紹介していきましたが、機会があれば大河ドラマ情報も紹介できればと思います。

 

ABOUT ME
miumaga
歴史好きが高じて、日本史・世界史を社会人になってから始めました。史実を調べるのも好きですが、漫画・ゲーム・小説も楽しんでます。いずれ歴史能力検定を受ける予定。どうぞよろしくお願いします。