新選組

江戸幕府による浪士組募集と試衛館の剣士たち

近藤勇たち試衛館の剣士たちは、毎日の稽古が終わると酒を酌み交わしていました。

彼らたちの酒の肴は決まって外国勢力から日本を守ると言う話でした。

1853年にペリーが浦賀に来て以来、国内で流行していた尊王攘夷論に試衛館の若者たちも影響されていたのでした。

その頃、江戸や横浜では、外国人に対する殺傷事件が多発しており、下手人多くは諸藩を脱藩した【浪士】たちで、尊王攘夷に熱中するあまり直接的な譲位行動に走っていたのです。

この攘夷行動もやがて武士ではない農民の中からも家業を捨てて浪士と名乗るものが現れ江戸やその周辺は絶えず浪士が横行しているような状況でした。

当然、彼らがみな素行の良い物とは限らず、外国人だけではなく一般の市民や商家に押し入り食い扶持を稼ぐ不逞の輩たちもあらわれるようになりました。

 

新選組の隊士たちが集まった試衛館と近藤勇の人間性 幕末の江戸市ヶ谷に【天然理心流・試衛館】と呼ばれる剣術道場がありました。 ここの道場主が後の新選組・組長になる近藤勇。 ...

 

浪士組の募集

浪士たちの横行に対して効果的な対策が出来ない幕府でしたが、1862年に対策が取られました。

その対策とは、いっそ彼らをまとめて雇って【浪士組】と名付けて幕府の監視下に置いてしまおうではないかと言うものでした。その待遇とて、一人当たり10両2人扶持で一年間に二人の人間を養えるだけの米だそうです。

当時の武士の待遇としてはかなり低いものでしたが、無収入の浪士たちにとって悪い話ではなかったようです。

さらに、1863年3月に14代将軍・家茂が京都へ上ることが決まっており、その身辺警護をする名目で浪士組を先行して京都に送り込もうという事になりました。そうすれば、厄介者の浪士たちが一時的にも江戸から消え平穏が守られるって魂胆でした。

この浪士たちを担当する浪士取扱には、松平上総介が任命されました。彼は、不遇の待遇を受けていた徳川家康の六男・松平忠輝の子孫でした。

松平上総の介の元、江戸とその周辺の剣術道場に浪士組募集の知らせが届き、試衛館にも1月中旬には届いていたと言います。

 

後の新選組主要メンバーのほとんどが浪士組に参加

幕府にようる浪士募集の知らせを試衛館に持ってきたのは、神道無神流や心形刀流と言った名門道場を遍歴して独自の情報網を持っていた永倉新八でした。

この降ってわいた話に近藤勇と土方歳三は歓喜したのは言うまでもありません。

武士になると言う千載一遇のチャンスに近藤と土方は即座に浪士組への参加を決めました。永倉やほかの者たちは、近藤達と事情が違っていましたが、幕府直参になれると言うのはとても魅力で浪士組に参加を決めたのでした。

しかし、斎藤一だけはこの時期に試衛館に出入りしておらず、浪士組に参加する事が出来ませんでした。実はこの年に殺人の罪から逃れるために京都へ行っていたのです。

こうして近藤率いる試衛館一門は、京都から帰ったら正式に幕府直参に取り立ててもらえる期待に胸を躍らせながら出発の日を待っていました。

 

こうして集められたのは、230人余りで江戸小石川に集められました。

この数が予定より多すぎて予算的にオーバーしてしまうためなのか、浪士取扱の松平上総介が引責辞任してしまいました。

一方で集めらられた浪士達は、割羽織に袴をつけた武士らしい者もいれば、半纏に股引と言ういで立ちの者もおり、それぞれに太刀や槍、半弓などの思い思いの武器を持っていました。

翌日、上洛にあたっての編成部隊が発表されました。

230人は一番~七番組から分けられ、さらに三組に分けられることになりました。

浪士組「三番組」当初の名簿

近藤のみ試衛館の者たちと離れて【道中先番宿割】と言う役職に就き、土方、山南、沖田、永倉、藤堂、原田が三番組の芹沢鴨隊に組み込まれました。記録によれば、土方は当初六番組に所属してたようですが、途中で芹沢隊に組み込まれたようです。

 

浪士組の上洛【芹沢鴨とゆかいな仲間たち】

浪士組は、1863年2月8日に江戸を出発しました。

上洛は、中山道六十九次でこれを16日かける行程でした。

しかし、3日目の10日に本庄宿に着いた時に事件が起きました。

土方歳三らの隊長を務める芹沢鴨が自分の宿が用意されていなかったことに腹を立てて【自分は野宿する】と大かがりの火を焚き始めたのでした。

これは、宿割りの近藤と池田徳太郎の手違いで、二人は詫びを入れたが芹沢はなかなか許そうしません。そうこうしているうちに、かがり火が大きく燃え上がり、建物に燃え移りそうになると言う事態に…

やっと芹沢をなだめると、急いで用意した宿へ案内すると、そこでも芹沢は騒ぎ出したのです。宿の外に三番隊と書いてあるのが気に入らないと言うのです。何でも一番ではないと気が済まない芹沢は、三番の表札を小刀でけずり一番隊に変えてしまってのです。

芹沢と言う男は、こうした傍若無人な振る舞いを平気でする男なのでした。

 

芹沢鴨は、水戸藩の郷士とも神官でもあったと言われ、地元では【天狗党】呼ばれる藩内尊王攘夷派の幹部として活躍していました。それがあるときに意見の対立から同志三人を切り捨ててしまい犯罪者として投獄されていました。

危うく死刑となる寸前に幕府による恩赦が行われ助かった芹沢は、その後、新見錦、平山五郎、平間重助、野口健司と共に今回の浪士組に参加しました。

幕府にしてみれば、天狗党時代の実績を考慮しての浪士組頭でしょうが、本庄での大かがり事件を始めとした芹沢の不穏な行動には頭を悩ませていました。

結局、芹沢は17日に組頭を罷免され、浪士取締役の山岡鉄太郎達の目の届く所・取締役付に命じられることになるのでした。

 

その後任となったのが近藤勇でしたが、問題を起こした近藤と芹沢派を分断しようと、土方以下6名は六番組にいれかえられることになりました。彼らが三番と六番隊に分かれてしまったのはこのためだったのです。

ただでさえ個性的な人間が集まっている浪士組。責任者を始め同行した幕府の役人たちの気苦労は絶えなかった事でしょう。そんな大変な長旅も21日に京都まであと10里と言うところまでこぎつけ、幕府は長旅の成功を祝い浪士達に酒がふるまわれました。

そして、2月23日の朝に浪士組は京都へ到着したのでした。

 

そこで待ち受けているのは、浪士組の黒幕・清河八郎の裏切りでした。

清河の本心は【尊王攘夷】で、幕府の力で集めた浪士達を自分たちの野望の為に利用し用としていました。そのため、浪士組は清河のバックにいた朝廷の命令で江戸に引き返すことになります。

そこで近藤達試衛館一門と芹沢鴨は京都へ残るのですが…

ちょっと早いですが、キリが良いのでこの続きは次回にしたいと思います。

 

幕末に京都の治安維持に結成された新選組を簡単にわかりやすく解説 江戸時代末期、尊王攘夷思想の浪士による乱暴狼藉が京都で横行していました。 そこで幕府は、不逞浪士の取り締まりのために【新選...

 

ABOUT ME
歴ブロ
歴史好きが高じて日本史・世界史を社会人になってから勉強し始めました。基本的には、自分たちが理解しやすいようにまとめてあります。 日本史を主に歴ぴよが、世界史は歴ぶろが担当し2人体制で運営しています。史実を調べるだけじゃなく、漫画・ゲーム・小説も楽しんでます。 いつか歴史能力検定を受けたいな。 どうぞよろしくお願いします。