歴史コラム

事業継承の失敗は武田家の滅亡原因に学べ!!

 

1467年応仁の乱に端を発した戦国時代の突入は、1600年関ケ原の戦い徳川家康が勝利し、江戸幕府を開いたことにより200年以上の天下泰平の世を築くことになります。

現代では、銀行ですら廃業すると言う時代であり、さらに2020年の一連のコロナウイルス関連で、世界経済が冷え切り中小零細企業にとっては、生き残る事は大変な状況です。

どんな状況でも事業を続けていくのに避けて通れないのが後継者選びで、武田信玄上杉謙信などの戦国大名は、自分たち亡き後のお家存続のために苦労していたのは歴史を見ると伺えます。一時は天下を治めた豊臣秀吉でさえ、自分亡き後の豊臣家存続は上手くいきませんでした。名将と言われた武田信玄や上杉謙信も後継者選びに苦慮していたことが分かっています。

 

東軍・細川勝元と西軍・山名宗全による応仁の乱の始まり 上御霊社の戦いの後、数か月は平穏な時が流れていましたが、その間に細川派は反撃の準備を着々と進めていました。 rekisi-da...

 

父と子の確執があった武田信玄

 

甲州騎馬隊を有し、風林火山の旗印としておなじみの武田家では、信玄家督相続時に父・信虎を国外追放した事により始まっています。

それも、信虎が若い信玄を冷遇し、弟・信繁を継がせようとしていたからです。

それに気が付いた信玄が、父に悟られないように無害を演じ、次第に家臣達の不満を汲み取りながら外堀を埋め、当事者の信繁の協力も取り付け信虎を追放したのです。

 

武田信玄や斎藤道三も愛読していた!?中国の兵法書【孫子】 NHK大河ドラマの【麒麟がくる】で斎藤利政(道三)が【孫子】を愛読していることが分かりました。戦国最強と言われる【甲州騎馬隊】を有す...
甲斐の虎・武田信玄の生涯を見てみよう 室町時代の甲斐の国は非常にゴチャゴチャしてややこしい混乱の時代でした。その甲斐の国の守護を世襲していたのが武田氏で、甲斐源氏宗家...

 

武田家では、重臣による合議制で国の方針を決めており、信玄が重臣たちの意見を汲み取りそれを採択すると言う点では、現在の企業組織と同じであることが分かっています。土地柄平野が少なく、石高も商業も脆弱な甲府の地において、軍用路や街道河川の治水を整備し、国外進出で販路を拡大した事により、この時代の代表する戦国大名となりました。

その信玄の長男として生まれた【義信】は、武勇に優れていました。

この頃の武田家は、甲相駿三国同盟により武田・北条・今川家の三国の繁栄が約束されている状態でした。後顧の憂いを絶った信玄は、信濃国諏訪の地を勢力下においた信玄は、諏訪家から側室を迎える事に。その側室との間に生まれたのが【勝頼】でした。

そもそも、武田家内では諏訪家との婚姻を快く思わない者も多かったようです。その勝頼は、やがて諏訪家を継ぐことになり、諏訪四郎勝頼と名乗っています。

 

最盛期の今川家を導いたの義元のブレーン太原雪斎の生涯 桶狭間の戦い前の勢力を見れば、今川義元が駿河・遠江・三河という東海道の要衝を押さえ、関東の北条、甲斐の武田、美濃・尾張の織田とそれ以...

 

武田家のターニングポイント

 

武田家繁栄の歯車が変わってきたのが、桶狭間の戦いで今川義元が敗れた事で情勢が変わってきます。今川家の衰退を察知した信玄は、今川家との同盟を破棄し駿河侵攻へと方針をシフトしていったのです。

 

桶狭間の戦いは奇襲攻撃ではなく新しい説が浮上した!? 以前、織田信長はどうして今川義元に勝つこができたのか?と言う記事を書かせてもらいました。 その記事では、桶狭間で休息している今...

 

そうなると、今川家のから来た母を持つ義信の立場が無くなり、今川寄りの重臣たちにも不穏な空気が流れ始めます。結局、義信は謀反の罪を着せられ自害に追いやられることになりました。

この義信事件には、武田四天王である【山形昌景】の兄である、信虎時代からの宿老中の宿老飯富虎昌が連座しており義信と共に切腹させられました。これには、諸説あり謀反の計画には虎昌自体は加わっておらず、義信をかばって責任を取った説や先代からの宿老だったために家中での力が強すぎて信玄によって粛清されたと考えられています。

 

こうして、四男でありながら勝頼が信玄の後継者として候補に挙がり、すぐさま信長の養女を正室として迎え入れ、家臣達の不安をぬぐおうとしたが、それでも反対派が残ることになりました。

1573年三方ヶ原の戦い徳川家康を破った信玄ですが、その追撃作戦の途中で病に倒れ帰らぬ人となりました。

 

<スポンサーリンク>



 

組織・武田家の再構築の失敗

 

義信自害からわずか6年で勝頼は武田姓に戻り、家督を継ぐことになります。

勝頼もまた権限に劣らずほどの人物で、父の果たせなかった高天神城の攻略を果たし、一時的には武田家の最大領土を有するまでになりました。しかし、1575年長篠の戦いにおいて織田・徳川連合軍に惨敗を喫し、信玄以来の多くの名将を失う事になります。

 

しかし、ピンチはチャンスと言うように、勝頼反対派が多かった武田家中を再構築するには大きな機会でもありました。信玄が、可愛がってた真田昌幸などの若手が台頭し始め、勝頼はここで組織の若返りを図り、成功していれば、史実が変わっていたかもしれません。

外交面でも、徳川軍の高天神城侵攻に際して増援を派遣できなかった事が、武田家の信頼を大きく失墜させ、国境の国衆達の心が離れていきました。1582年の信玄の娘婿【木曽義昌】が織田方に離反した事により武田家滅亡が決定的になりました。

この時、大きな城郭【新府城】を築城していましたが放棄し、小山田信茂の誘いで岩殿城に行くも、すでに信長に通じており行く当てを無くした勝頼は、天目山で自刃しました。

 

武田家の事業継承失敗に学ぶ

 

現代でも事業承継に必要なのは、準備・育成・理念共有です。

 

事業継承四か条
  1. 事業継承には十分な準備と周囲の説得・懐柔が必要
  2. いつでも事業継承できるように若手の育成と人材登用で組織の若返りを図る
  3. 大義名分や理念が伴わないと組織の結束はない
  4. 先代は事業継承後に口を出さず、見守り程度が丁度よい

武田家に限らず、上記の事は現代の企業も十分心にとめておかなくてはいけません。大証に限らず、特に創業者のカリスマ性が高ければ高いほど、その後を継ぐもの重圧はすごいものです。

それを踏まえて、先代がやるべきことは【自分が引退するまでの準備と次世代のリーダーの育成】と【企業理念の共有】は徹底してほしいところでしょう。そして、人は石垣であるように、社員や引き継ぐ者たちの力を信じる事に尽きると思います。

仕事は、段取りが8割であるように、事業継承も準備・段取りが全てでそれが終えれば、高みの見物で行くのがポイントではないのではないでしょうか?

 

ABOUT ME
歴ブロ
歴史好きが高じて、日本史・世界史を社会人になってから始めました。史実を調べるのも好きですが、漫画・ゲーム・小説も楽しんでます。いずれ歴史能力検定を受ける予定。どうぞよろしくお願いします。