明治時代

日本社会を変えた世界の【産業革命】

f:id:miumaga:20170719190204j:plain

産業革命は、技術の発展や資本家と労働者の関係など新しい社会を作りだしました。

イギリスを皮切りに起こった産業革命は、徐々に世界を大きく変えていくことになります。

産業革命に必要な要素とは?

イギリスの産業革命の進展から産業革命に必要な「要素」が見えてきます。

なぜ産業革命ができたのか見ていきましょう。

農業革命と貿易

イギリス産業革命以前は、伝統的な毛織物工業で貿易をしており、資本がたくさんありました。そこに、インドで作られていた綿織物に注目されるようになり、軽くて染色しやすい綿織物の需要が高まってきました

自国綿織物を作りたいと考えたイギリスは、毛織物工業で蓄積された豊富にある資金を使い、綿織物の生産に投資することにしました。当時は、色々な職業をしていた人々が借金により資金を調達し、綿織物工業に参入したと言われています。

海外市場の拡大

フランス・スペイン・オランダとの植民地戦争に勝利し、海外の市場を確保することができました。綿花などの綿製品を作る原材料を栽培さたり、綿製品の輸出先として貿易を盛んにおこないました。

農業革命により賃金労働者の増加

いくつかの農地を一つにした第二エンクロージャーによって、効率的な四圃輪栽式農法が普及しました。それに伴って賃金労働者に転身した人が多くなり「労働力」を確保することができました。

綿織物工業を支えた革命

技術革命

品質を一定に保ち、安く作るためには大量生産する必要があります。ジョン=ケイが開発した「飛び杼」は「ジェニー紡績機」「水力紡績機」「ミュール紡績機」から「力織機」紡績部門の発明を促しました。

動力革命

物を燃やした熱で機械を動かす「蒸気機関」は人間の力よりも効率よく力が使えます。蒸気機関が開発され、あらゆる蒸気機関の改良がされていきました。

交通革命

ワットが改良した蒸気機関は、蒸気船や蒸気機関車の開発につながりました。蒸気船や蒸気機関車は人や物を効率よく運ぶことができ、貿易が効率よくできるようになりました。

イギリス「世界の工場」が世界に及ぼす影響

「世界の工場」となったイギリスに、世界中から原材料を輸入・加工して輸出していました。そんなイギリスに対抗するようにベルギー産業革命・フランス産業革命・ドイツ産業革命・アメリカ産業革命・ロシア産業革命そして、日本の産業革命へと繋がっていきました。

日本の産業革命

日清戦争前後には、軽工業である製糸業・紡績業を中心産業革命がおこりました。

イギリスから輸入していた綿製品を日本で生産できるようになり、中国や朝鮮に輸出できるようになりました。製糸業で生産した生糸はアメリカに輸出し外貨を得ることに成功します。

中国やインドから安価な綿花を輸入することでコストを抑えることにも成功し、軽工業製品の輸出量が増えたことから日本の産業が大きく発展していきます。

臥雲辰致が少ない資本で設置できることから、広く普及した「臥雲式紡績機」を発明し、効率よく生産できるようになっていきました。しかし、工業が発達して行くにつれ「公害」が発生するようになり、「足尾銅山鉱毒事件」が起こり、農業に被害が及びました。

日清戦争の賠償金で建設された「八幡製鉄所」により、鉄鋼・電器・造船の重工業が大きく発展していきました。

産業革命の大きな課題「労働問題」

産業の発展を支えてきた労働者の「低賃金と長時間労働」が社会問題になり、労働者は「組合」をつくり「労働運動」を起こすようになりました。このように資本主義が発展していく中、労働者の間では「社会主義」の考えが広まっていきました。

この時代も、ブラック企業問題が社会問題になっていたということでしょうか?

農村社会は海外の市場へ

農村では、格差が広がり農地を手放した「小作人」が増加していきました。

農村社会は依然として封建的な地主・小作人制度が残り、国内市場は十分に成長していきませんでした。そのため、海外に「資源」と「市場」を求め、「帝国主義」に転じていきます。

ABOUT ME
miumaga
歴史好きが高じて、日本史・世界史を社会人になってから始めました。史実を調べるのも好きですが、漫画・ゲーム・小説も楽しんでます。いずれ歴史能力検定を受ける予定。どうぞよろしくお願いします。