歴史コラム

桃太郎に出てくる鬼は何も悪い事をしていなかった!?

昔話の【桃太郎】と言えば、ももから生まれた桃太郎が悪い鬼を退治する善を勧め悪を懲らしめる典型的なお話です。子供の頃は、親に読み聞かせをしてもらい正義の味方【桃太郎】になり切ったり、エールを送ったものです。

しかし、大人になり自分の子供たちに読み聞かせていると、【桃太郎のどんな悪い事をしたのだろう?】と疑問が残るようになりました。わざわざ鬼ヶ島まで攻め込み鬼を根絶やしにしているのですから、鬼側に相当の過失があったに違いないだろうな?と悪い大人は思ってしまいます。

でも、大義名分がなければ正義の味方【桃太郎】も鬼からしてみれば、ただの略奪者にしかなりません。でも、桃太郎が鬼ヶ島から持ってきた【宝物】は、人々から取り上げられたものだったかもしれません。

今回は、そんな桃太郎に触れてみたいと思います。

 

鬼の悪事には触れられていない

 

結論から言うと、鬼が征伐されるような明確な理由が【わからない】と言うのが答えです。

最近の【桃太郎】の絵本には、鬼が畑を荒らしたり宝物を奪っていた、村の娘や子供をさらったり作物を奪っていた等の説明はあるようですが、和平交渉もなくいきなり鬼ヶ島へ乗り込んで退治するまでの理由は確認できません。

絵本は子供向けのなので、本当は【口にするほどおぞましい理由】がそこにあるのかとも考えますが、どうもそういうことではなさそうです。

 

桃太郎はただの略奪者だった!?

 

実は、【桃太郎が悪い鬼を退治しに行った】と言う設定は、明治以降に付け足されたもので、それ以前に出版された【桃太郎】では、【桃太郎は宝物欲しさに鬼ヶ島へ向かった】となっているのです。

つまり、明治以降の桃太郎の設定は、悪事の内容ではなく【鬼だから退治】と言う存在そのものが悪と言う理由で退治されることになったのです。これまでの理不尽な設定では、私たち親が子供に本を読んであげていると【なんで鬼は退治されるの?】という素朴な疑問に困った親たちがたくさんいた事で、現在の絵本のように【悪事の内容】付け加えられているのだと考えます。

 

解釈によっては桃太郎は悪人だと言う人も

 

桃太郎は【極悪人】として解釈をしている人もいるようで、芥川龍之介の【桃太郎】では、鬼ではなく桃太郎の方が悪人と言う設定で描かれています。

 

桃太郎が鬼退治に出かけた理由も【仕事をするのが嫌だったから】というとんでもないものでした。よほど、おじいさん、おばあさんに甘やかされて育てられたのでしょうか?

 

また、降参した鬼の酋長のから桃太郎に対する問いには…

鬼の酋長…「私たちがあなた様にどんな無礼を致したのか、教えてください」

と言う問いに

桃太郎…「もともと鬼ヶ島を征伐したいと考えていたからだ」

とまったくもって理不尽な返答をしています。

ここでの桃太郎は、【ラクして金品を手に入れたかったから、(何も罪のない)鬼の征伐に乗り込んだ】という、侵略者・略奪者として描かれているのです。

きっと明治以前の桃太郎をモチーフにして芥川龍之介が描いたのかもしれません。

坂田寛夫の小説『桃次郎』を原案とした劇団四季のミュージカル『桃次郎の冒険』では、『桃太郎』のお話のその後と、鬼の側から見た物語の世界観が描かれています。

 

同じ物語でも、様々な時代・作者によって書かれたものをいくつか読み比べてみると、これまでになかった新しい解釈ができるかもしれません。日本のお話でなくてもグリム童話などもほんとは怖いお話だったと言うのも言われているので、そういった目線で昔話や童話などを調べたら面白いかもしれません。

 

ABOUT ME
歴ブロ
歴史好きが高じて、日本史・世界史を社会人になってから始めました。史実を調べるのも好きですが、漫画・ゲーム・小説も楽しんでます。いずれ歴史能力検定を受ける予定。どうぞよろしくお願いします。