麒麟がくる

妻木煕子(明智煕子)の夫・光秀を支えた一途な人生

 

明智光秀の正室・煕子は、帰蝶同様に出生の謎が多くいつ亡くなったのかもはっきりしていません。わかっている事と言えば、美濃の武士で妻木広忠の長女としてうまれたとしています。

今後、麒麟が来るでやるかもしれませんが、1545年頃の光秀20代頃、煕子15歳で婚姻したとされています。

 

明智光秀・煕子夫妻のラブラブエピソード

 

二人の結婚前のエピソードとして、煕子が婚約後に疱瘡に感染し跡が残り、その美貌が損なわれる悲劇が襲いました。婚約の破断を恐れた妻木宏忠は、煕子にそっくりな妹の芳子を身代わりに出すのですが、それを見破り外見を度外視し煕子と結婚したのです。

そんなエピソードがあったからこそ、煕子は光秀が斎藤家を出奔して無職となった時に、必死に支えたと思います。

 

浪人で無収入の光秀が連歌の会を主催する順番が回ってきたが、接待費の工面に困っていた所、煕子は自分の美しい黒髪を切り落としそれを売って会の接待費を工面したそうです。

その計らいに光秀は感謝し、生涯を通して彼女への愛を貫き、側室や妾を抱える事はなかったそうです。

その連歌会は朝倉家との会合であり、その後10年間、朝倉義景の下で仕えたので、煕子は朝倉家への再就職のキッカケを作った事にもなります。

そもそも光秀が朝倉家の家臣だった事が疑問視されていますが、ようするに煕子と光秀は相思相愛の中睦まじい夫婦だったと言事です。

 

下剋上の先駆者・朝倉孝景と応仁の乱 朝倉氏と言うと、織田信長と戦った朝倉義景の名前が出てきます。 姉川の戦いでは、浅井長政と共に信長を退却させましたが、そのあとの...

 

妻木煕子が生まれた年

 

煕子が生まれたのは、1530年と1534年の二つの説があります。

この二つは、西教寺に残されている過去帳1530年と書かれている説と明智軍記に書かれていたのが1534年とされる説です。

これの間を取り、1530年代の前半に生まれたのは間違いないのではないかと考えられています。もし、1534年生まれてですと、織田信長と同い年となります。

 

生まれは、明智家と同様に美濃守護である土岐氏の流れを汲む妻木氏であることが考えられています。彼女の名は、【妻木煕子】や【明智煕子】と呼ばれることが多いのですが、この時代に名字と名前を表現する女性は非常に珍しく、【濃姫】や【淀の方】のような名称を付けられていました。

彼女の娘である【細川ガラシャ】が有名になるにつれて、名字と名前の表記が母にも定着したのではないかと考えられています。

以前までは、お牧の方や伏屋姫と言う名ではないかと言う説がありましたが、麒麟がくるでもお牧は母親で、伏屋姫も別の女性説が有力となっているようです。

 

明智光秀と煕子の結婚

 

謎の多い半生の二人ですから、結婚時期も定かではありません。

光秀の常識的な性格と戦国期の慣例を照らし合わせれば、煕子が10代の内に婚姻関係を結んだのではないかと推測されます。

以前、光秀の記事に書いた通り、本能寺の変時点での光秀の年齢を55歳とすれば、2人の年齢差は5歳くらいなので、煕子15歳、光秀21歳くらいの婚姻ではなかったのかなと思われます。

前田利家のように異例の年齢差であれば、何かしらの史料が残っていてもおかしくはないので、話題にならない程度に常識的に収まった婚姻関係と言えるでしょう。

 

幕府の監視下にありながら、加賀百万石を守った二代目藩主前田利常 加賀藩は、外様大名と言う立場であるにもかかわらず、御三家に準ずる高待遇を受けていました。幕府が一国一城令を発したのにもかかわらず、一...

 

結婚生活も、斎藤家を出奔、朝倉家に居候など世に出てくる1568年までは苦労した光秀をよく支え、冒頭で述べたような逸話が出る程の相思相愛ぶりを発揮していたようです。

二人は常に行動を共にしていたようですから、光秀の行動をたどれば煕子をたどることができるのではないのでしょうか?

 

<スポンサーリンク>



 

織田信長の家臣時代

 

織田信長に仕えた光秀は、1571年の比叡山焼き討ちの功で、近江坂本に領地を与えられ、煕子もそこに移り住みました。1568年前後は、足利義昭を介しての信長との付き合いでしたが、1573年の【槇島城の戦い】で足利義昭を京都から追い出した時点で、正式に取り立てられました。

 

光秀は側室を設けなかったとありますが…

 

煕子を深く愛していた光秀は、側室を設けなかったと言われているのは、裏切者として書かれがちな彼の美徳として創作などでこの設定がなされていたことから始まります。先述した、結婚前や黒髪のエピーソドなんかは、どれも軍紀ものや二次史料が出典であるために創作の可能性がとても高いのです。

 

しかし、当時の公卿・吉田兼見が記した一次史料『兼見卿記』に注目すると、煕子のほかに複数の女性がいたのではないかと思わせる記述があります。

先日もブラック企業信長の記事でも触れましたが、1576年に光秀は大坂を攻めている陣中で倒れてしまい生死をさまよいます。筆者の吉田兼見は神職にもついていたので、彼が病気治癒の祈祷を担当しました。

 

織田家のブラック企業体質が本能寺の変を引き起こした!? 平成から令和になっても解決されていないブラック企業の労働問題。長時間労働の末、過労死や自ら命を落としてしまう労働者が後を絶たないの現...

 

兼見の祈祷の甲斐があって、光秀は無事快方に向かいまが、その同年には煕子も病に倒れたと書かれています。

この記述は、光秀の愛妻家ぶりを裏付けるものとして、好意的な文脈で採用されることが多いのですが、他の史料とこの記載に関連する内容を突き合わせていくと、興味深い内容が浮かんできます。

 

それは光秀には2人以上の妻と側室が居たのではないかと言う説です。

それは、先ほど書いた煕子の死去についての記述です。

西教寺の『過去帳』に次のような記載があります。

天正4年(1576年)11月7日に明智光秀室(妻)死去

と書かれており、『兼見卿記』では同年10月24日の時点で妻の病気が快方に向かっていることが述べられており、光秀が妻一筋であれば…

煕子は10月24日に快方に向かっている(兼見卿記)が、11月には死去しました。(過去帳)

となるのです。

 

もし、10月に快方に向かって11月に死去しているのであれば、兼見卿記で死去について触れていないのはなんとも不可解なことです。しかも、明智軍記によれば【1579年当時の煕子は45歳だった。】と言う記述もあります。

1576年に亡くなっているはずの煕子が、1579年に生存していると明智軍紀には記されているのです。

この明智軍記に史料的価値があるかは疑問視するところですが、戦国時代当時、病状が急変して亡くなるのは珍しい事ではないのですが、もし2人以上の妻や側室が居たのなら上記の疑問がしっくりくると思います。

この説にはもう一つ根拠があり、光秀の子供である三男四女明確に煕子の子である根拠がないと言う点です。先ほど細川ガラシャが煕子の子供と言いましたが、彼女ですら煕子が母親と言う明確な証拠がないと言う事です。

明智家自体の家系図にも明らかな矛盾や混乱が含まれているとも指摘されていますようです。

ようするに、光秀が妻一筋だった可能性もあるのですが、戦国の習いで複数の妻を迎えていた可能性もあるのです。

 

明智光秀
2020年の大河ドラマ【麒麟がくる】主人公・明智光秀の人生!! 2020年度の大河ドラマが【麒麟がくる】で人気の高い戦国武将の明智光秀が主人公となりました。そこで、このブログでも大河の波に乗ってし...

 

本能寺への信長への逆臣があるために、光秀の評価は裏切者のイメージが多いのも事実ですが、時が流れるにつれて彼の評価も変化していきました。光秀の人柄や能力にも注目が集まるようになり、その再評価に連動する形で明智家の人々や妻・煕子にその焦点が集まってきました。

 

濃姫(帰蝶)以上に史料が乏しいうえに、裏切者の明智家の人物なのでその実情ははっきりしませんが、今後【麒麟がくる】を見るうえでの参考になればと書かせてもらいました。

 

Wikipediaより引用
織田信長の正室・濃姫【帰蝶】の謎だらけの人生 Wikipediaより引用 濃姫は、織田信長の正室として数々の歴史ドラマや小説、舞台など登場する人物として有名です。歴史的には、織...

 

ABOUT ME
歴ブロ
歴史好きが高じて、日本史・世界史を社会人になってから始めました。史実を調べるのも好きですが、漫画・ゲーム・小説も楽しんでます。いずれ歴史能力検定を受ける予定。どうぞよろしくお願いします。