日本の城

軍事的に必要のなかった天守が作られた理由とは??

f:id:miumaga:20170828203659j:plain

私たちが【】と聞くと天守などの目立った部分をイメージします。

実際に城を大漢和辞典で調べてみると…

城とは、敵を防ぐために建てられた高層建築物

と書いてあり、やはり【城=天守】と言うイメージは強いようです。

しかし、広辞苑で調べてみると敵を防ぐために築いた軍事的建造物と記されいることから、天守そのものだけではなく、軍事的目的のために堀や石垣、塀などの構造物によって閉鎖された区域とも考えられます。

軍事的構造物と言う事は、現在の姫路城のように立派な天守が残っているような建造物があっても、軍事的意味のない現在では城ではなく城跡と言うのが正しい表現です。

また、江戸時代などの城は、幕府や藩政の中心でもあり、今でいう市役所や庁舎のような役割持っていたと同時に、武士たちの権威の象徴としての役割も果たしていました。

戦国時代末期まで城には天守がなかった

日本の城=天守を思い浮かべるほど、城にはなくてはならないものですが、日本の城に天守が作られるようになったのは、戦国時代末期でした。武田信玄の居城でさえ、躑躅ヶ崎館と言うくらいですから、近代城郭のようなものではありませんでした。

私たちのイメージ通りの城のような本格的な天守を作ったのは、織田信長の安土城と言われています。

天守は、殿主=天主とも呼ばれて、建物の中心と言う意味やキリスト教の天主堂のイメージとも言われています。この安土城を皮切りに、江戸時代の初期くらいまでの、近世城郭築城ブームの時に多くの天守が築城されました。

天守は何のために建てられた?

天守のある城の多くは、建物の一番高いところに作られました。

機能的には、城下を見渡す物見やぐらとしては抜群でしたが、大砲などの攻撃目標になりやすいため、防御面ではいまいちでした。

そのため、近代城郭ブームが去った後には、天守が建築されなかった事もあったようです。

織田信長や豊臣秀吉などのときの権力者たちが城に天守を作った理由は、権力の誇示のためだとされています。城主の家臣たちや城下の領民たちも、その壮大な天守を誇りにしてきました。

実際の安土城も軍事的なものはあまり感じられず、城下から見られることを意識して作られました。 現代風に言うと、この土地のランドマーク的な感じだったのかも知れません。

そんな城も、明治6年の廃城令によって廃城処分となり、建物が撤去されて役所や学校などが建築されたり、公園や神社などにその跡地を利用しました。彦根城や犬山城のように元城主が邸宅として住んでいた例もあります。

廃城令以降、多くの人が廃城となった天守を救おうと奔走しました。

これは、昭和になっても続き、50以上もの天守が再建されて地元で愛されて続けています。今も昔も城はその地域の人々にとって大切なものだったことが伺えます。

天守は権力の象徴!一番の天守は江戸城だった!?

現存の城郭で最大の天守は姫路城で、高さは約31メートル、初層の大きさは約27×20メートルです。これに続くのは、松本城、松江城、高知城となります。

現在失われている天守を含めて最大の最高の天守は、やはり江戸城でした。その規模は高さも広さも姫路城の1.3倍以上もありました。これに続くのが、江戸幕府が再建した大阪城で江戸城よりほんの少し小さいくらいでした。

やはり天守の大きさは、権力に比例していたようです。

巨大と言われている、安土城も当時としては大きなものだったと思いますが、建築技術から予測するに、姫路城よりやや低いくらいの規模だったのでは?と思われます。

秀吉の築いた大阪城も安土城より大きなものと推測されますが、江戸時代に焼失したものを昭和の時代に再建されたのでその詳細は不明です。

天守は、時代が古くなれななるほど建築技術の関係上、上層階が小さくなる傾向にあるので、やはり江戸城が一番だと言われています。

rekisi-daisuki.com

ABOUT ME
miumaga
歴史好きが高じて、日本史・世界史を社会人になってから始めました。史実を調べるのも好きですが、漫画・ゲーム・小説も楽しんでます。いずれ歴史能力検定を受ける予定。どうぞよろしくお願いします。