奈良時代

奈良時代の建築様式(寺院編)

今までは飛鳥時代・奈良時代にかけて政治の裏側を知らべてきましたが、少し趣向を変えて文化的な物にも目を向けてみようと思います。

奈良時代の寺院

奈良時代の建物と言って思い浮かぶのは、やはり寺院でしょう。

下の写真は鑑真和尚で有名な唐招提寺です。

Toshodaiji Nara Nara pref02s3s4560.jpg

こちらは唐招提寺を違う角度から見たものになります。

Toshodaiji Nara Nara pref17n4592.jpg

寺院の建築絡みでよく聞く『伽藍』。唐招提寺でも『伽藍』は見どころの一つです。ここで言う伽藍とは寺院や寺院の主要な建物群を意味しています。なお、塔や金堂、講堂などは宗派や時代によって異なります。

そして、こちらは東大寺の正倉院です。奈良時代や平安時代のお宝を保管している場所として有名な建物になります。これは校倉造(あぜくらづくり)の高床式倉庫になります。

Shoso-in.jpg

正倉院については宮内庁のサイトも参考にしてください。

校倉造とは、

三角、四角、あるいは丸太の断面の木材を水平に積み重ね、角の部分でかみ合うように交差させて壁体を構成する工法。

のことを言うそうです。(住宅建築専門用語辞典より)

Toshodaiji Nara Nara pref09n4500.jpg

こちらも唐招提寺の経蔵と呼ばれる建物ですが、校倉造ですね。校倉造の祖と言えるのが「累木式構法」と呼ばれる中国の雲南省などの民家でよく見られる技法で、これが中国や朝鮮半島を経て4世紀から5世紀に伝わったと言われています(朝鮮半島での「累木式」は、江原道やウルルン島が有名です)

校倉造とよく似た構法として丸太組構法が挙げられます。いわゆるログハウスで、北欧や北米などの寒い地方で作られてきたという歴史があります。ログハウスの特徴としては『夏涼しく、冬暖かい』『調湿作用に優れる』といったものがあり、校倉造の特徴とも合致しますね。

今回例に挙げた校倉造では三角柱に木材を加工していますが、これは部屋の内部の壁が平面になるように工夫した形です。

また、日本の寺院と言えば木材をふんだんに使い色も自然な木の色で作られたイメージがある事でしょう。が、この頃には唐から伝わった極彩色がしっかりと使われています

日本独自の建築物になるのはもう少し時代が下った後。奈良時代には飛鳥時代と同様、唐の影響を大きく受けた建造物が多いという特徴を持ちます。

次回は宮に使われた『あるモノ』について書いていこうと思います。

ABOUT ME
歴ブロ
歴史好きが高じて、日本史・世界史を社会人になってから始めました。史実を調べるのも好きですが、漫画・ゲーム・小説も楽しんでます。いずれ歴史能力検定を受ける予定。どうぞよろしくお願いします。