絵で見る日本史

絵で見る、シッカリかつ分かりやすい応仁の乱

守護大名家の家督争いの激化

少し視点を変えて、目を将軍家以外に向けてみることにしましょう。

実を言うと、応仁の乱前の各諸大名家では家督争いが絶えませんでした。その原因が、どうやら畠山氏と細川氏の代理戦争のような形でお家騒動が頻発…といった事情もあったようです。

畠山家がいよいよ自分の代替わりに時、これまでの行いが全て畠山氏に返ってきてしまいます。が、何と名家の家督争いは畠山氏だけではありませんでした。斯波氏の家督争いも勃発していたのです。

室町幕府の政権運営をするはずの三管領のうち二つまでもがお家騒動に発展していることから、どれだけ政治が滅茶苦茶になったかは想像に難くありません。

 

畠山氏の後継者争いとは?

時は細川・山名氏の関係が悪化していない頃まで遡ります。

畠山家では元々義就が継ぐことで決まっていたのですが、一部の家臣が納得しておらず家督は弥三郎(政久とも呼ばれている)を擁立すべきと争っていました。

というのも、義就の父が

として、嫡子ではない義就を後継者として指名したのですが、そもそも義就を指名する前に持国の弟・持富を後継者として指名していたためです。当然、持富に近い家臣などは反対するに決まってます。

持国・義就派と持富派、それぞれを推す家臣達の対立が生まれていた中で、1452年に持富が死去。その際、持富の長男・弥三郎を後継者にすべきと訴えた家臣を持国は誅殺してしまったのです。

細川・山名両氏は持国と敵対していたこともあって弥三郎支持に回ります(当時の大名達の家督争いは周りの権力者たちが介入するのは日常茶飯事)。この騒動で勝元は弥三郎を匿ってもいたようですね。お家騒動で持国は隠居させられ、弥三郎が跡を継ぐことになりました。

これを知った将軍の義政は弥三郎に跡を継がせる一方で、武家の裁判の基本中の基本『喧嘩両成敗』を実行。勝元や宗全は被官を命じられます。

 

この処分に対する勝元・宗全二人の反応は…

こんな感じだったそうです。足利義政は細川勝元に山名宗全の討伐命令を出しますが、勝元の嘆願により隠居をすることで騒動がひとまず決着。この時点で少しずつ勝元と宗全の向いている方向性に違いが出始めます。

 

持富の死から3年経ち持国も亡くなると、具体的に誰が家督を継ぐかという話になるわけで

義就 vs. 持富の長男・弥三郎と次男の政長の対立が鮮明となってきます。

その後、家督を奪還するべく弥三郎を京から追い出した義就(←この義就、かなりの武闘派です)が家督を継ぎ、追い出された弥三郎は勝元に庇護を求めます。

 

ここで思い出してほしいのが、義就の畠山氏を継いだ経緯。

このように将軍・義政は元々義就を支持していたのですが、義就は将軍の命だと偽って各地に攻撃したり家臣が他所の所領を横領したりで義政の信頼を失うはめに陥っていました。

細川勝元の場合、立場的にも信頼を失った義就より弥三郎の方が優位に事が進むでしょうし、庇護を求められたこともあって弥三郎を支援したのですが、1459年に当本人が病死。

その意思を弟の政長が引継ぎ勝元の取り成しも得ると、将軍・義政は義就を失脚させ畠山氏の家督を政長に変更させています。

 

一方の義就ですが、将軍の足利義政と折り合いがつけられなくなっていた山名宗全と結びつくようになっていきます。

というのも、宗全は以前起こった将軍暗殺事件【嘉吉の乱】で守護職没収されていた赤松氏の再興の件で強く反発していたためです。宗全は赤松氏の元守護だった地域の守護に任命されているので反発は当然の話でした。

 

こうして畠山氏のお家騒動では

山名宗全・畠山義就  細川勝元・畠山政長

の構図が出来始めていきます。

 

斯波氏の家督争いとは?

先代の斯波氏当主に子がおらず、一族の中から選ばれたということで家臣から反対されていた義敏。1459年、享徳の乱の征討軍総大将として任命されながら、地元の合戦勃発を前に将軍の命を無視してしまいます。

その上、その家臣の遠戚にある将軍側近が義敏を讒言。結果、義敏は罷免となり3歳の実子・松王丸(義寛)が跡を継ぎますが、この松王丸も義政により廃され、今度は斯波義廉(よしかど)が継ぐことに。

この義廉は斯波氏出身ではなく渋川氏出身です。どうやら幕府側の関東政策が絡んで義政が推したとも言われているようですが、斯波氏と渋川氏の間はものすごーい薄い親戚関係ということで義敏は大反対。

そうこうしているうちに、後継を義廉にしたものの関東情勢は複雑怪奇で義廉の父親が失脚します。こうして斯波氏のトップを義廉にしておく理由がなくなったのに加えて、義政の生母・日野重子が亡くなったのを機に大赦が行われ、義敏や松王丸が復帰するという状況に。

義廉自身、何年もトップの座についていたことから義廉派の家臣も多くいたのですが、義敏は細川勝元や過去に讒言された将軍側近を味方につけて対抗しました。

 

こうして義廉は父の失脚に加え自らの立場も危うくなってきたため、義廉は山名宗全と畠山義就に近付くようになっていきます。

 

1 2 3
ABOUT ME
歴ブロ
歴史好きが高じて日本史・世界史を社会人になってから勉強し始めました。基本的には、自分たちが理解しやすいようにまとめてあります。 日本史を主に歴ぴよが、世界史は歴ぶろが担当し2人体制で運営しています。史実を調べるだけじゃなく、漫画・ゲーム・小説も楽しんでます。 いつか歴史能力検定を受けたいな。 どうぞよろしくお願いします。