安土桃山時代

毛利氏はなぜ秀吉の中国大返しに追撃をしなかったのか??

f:id:miumaga:20181012213451j:plain

羽柴秀吉(豊臣秀吉)は、織田信長の命を受け、毛利氏の治める中国地方へと遠征をしていました。戦いも中盤に差し掛かり、備中高松城の戦いで清水宗治が治める高松城を水攻めをしていた時にそれは起こりました。

1582年(天正10年)本能寺の変です。

主君である織田信長が、同僚の明智光秀に討たれた報を聞いた秀吉は、すぐに毛利と和睦を結び城主・清水宗治の切腹を見届けたのち、明智光秀を討つために、姫路へ引き返していきました。

秀吉方は、信長落命によって後ろ盾を失った事を毛利氏に知られないように、信長落命の事実を隠しました。毛利側が信長の報を知ったのは、秀吉が退却した次の日の事だとされています。

rekisi-daisuki.com

本能寺の変から山崎の合戦まで

本能寺の変発生から、山崎の合戦を時系列にすると…

1582年6月 2日 本能寺の変

                  3日 秀吉軍が明智から毛利へ送られた使者を捕え、本能寺の変を知る

                  4日 安国字恵瓊の仲介の下、毛利との和睦成立

                  5日 高松城の清水宗治が切腹

                  6日   毛利の出方を見極めて、昼過ぎに秀吉軍撤退

                  7日   紀伊の雑賀衆より信長の報を毛利側が知る

                13日 山崎の合戦

と言うような流れとなっています。

毛利側は信長落命の報を秀吉撤退の次の日に知ったとは言え、すぐに追撃をすれば秀吉軍を落とせたであろうと考えますが、それは行われず13日に無事山崎の合戦が行われています。

では、毛利家はどうして追撃を決断しなかったのでしょうか??

そこには、後に豊臣五大老となる器量を備えた、政治的駆け引きの長けた小早川隆景でしか出なかった答えがあったようです。

毛利元就の遺言

先述しましたが、追撃派の吉川元春に小早川隆景は、偉大なる父・毛利元就の遺言を引き合いに出して説得にあたったそうです。

【毛利は決して天下を狙わず、信義を持って国を運営してゆく事】

と言うのが元就の遺言で、秀吉の追撃はそれに従い、動くべきではないと元春以下追撃派を説得しました。

また、いったん和睦をした以上それに背くこと信義に反する事で、毛利家としてあってはならない事であるとも論じます。

九州の大友宗麟軍

仮に、秀吉を追撃するとなると、毛利全軍を領地外の東に集めなくてはいけません。

そうなると、西の九州から大友宗麟の侵攻も予想されます。

仮に全軍秀吉にぶつかっても、確実に勝てる保証がなく、もし負けた場合には、【主君信長の敵を取る】と言う大義を掲げて戦おうとしている秀吉に、逆族として認定されて毛利家の滅亡の危機が待ち受けています。

また、謀反人である明智光秀に、手を貸すことは毛利家にとって、到底ありえない選択ではあります。ならばこそ、ここは秀吉を追撃せず、結果が出てから行動を起こしたほうが毛利のためになると説得しました。

秀吉が勝てば、恩を売った事になるので、毛利家の将来は安泰だろうし、負けても信長・秀吉が居なくなるので、織田家に攻められた備中・美作・伯耆を取り戻す事もそれからでも遅くはないと諭したのです。

陸路と海路が使えなかった

秀吉軍が高松城から撤退するとき、貯めていた堀の水を破ったため、毛利軍との間に巨大な水の流れが生じ、軍を進めることが出来ませんでした。さらに、海路は村上水軍の一部に調略の手が伸びていて、海からの円滑な追撃は出来ませんでした。

残されたのは山間部を迂回する方法がありましたが、時間の浪費と兵士の疲労を考えると、ありえない方法でした。

また、秀吉は万が一の追撃に対しても、宇喜多秀家軍を1万配備しており、追撃をしていたとしても失敗していたことでしょう。

毛利家では、追撃派の兄・吉川元春の意見が多かったそうで、小早川隆景は【ここは秀吉に恩を売っておいて、自分たちの失った地を取り戻し内を固めようと…】元春以下追撃派を渋々ながら説得させました。

こうして、秀吉は山崎の合戦で勝利し、天下取りへの勝機をつかむことが出来ました。

のちに秀吉は隆景に恩義を感じ、毛利輝元と小早川隆景は豊臣五大老に連ねることになります。

<毛利家は追撃をしなかったことで、乱世を無事生き延びて、幕末には雄藩をして明治維新を達成する事に繋がったのです。

rekisi-daisuki.com

ABOUT ME
miumaga
歴史好きが高じて、日本史・世界史を社会人になってから始めました。史実を調べるのも好きですが、漫画・ゲーム・小説も楽しんでます。いずれ歴史能力検定を受ける予定。どうぞよろしくお願いします。