奈良時代

古代日本はなぜ遷都を繰り返し行われたのか?

f:id:miumaga:20171012211410j:plain

7世紀末の藤原京以前、大王=天皇の代が変わると宮も移動することを【歴代遷宮】と言いました。似たような言葉で、遷都がありますが、【】と【】の違いはあるのでしょうか?

宮と遷都

宮(みや)】は、建物を意味する【】に褒め言葉の【】をつけたもので、古代日本では【立派な建物】を表す言葉でした。さらに、【】と言う言葉は、『ここ』や『そこ』と言う場所を表す言葉で、【】に【】をつけて【】は、立派な建物がある所という事になります。

ということは、遷宮は立派な建物を移すことで、遷都は立派な建物がある場所(土地)を移すということになります。そして、飛鳥時代以降になると、天皇の住む宮が建てられた場所には行政府もついてくるので、事実上の都もまた宮と一緒に移動することになります。これが遷都になります。

 

推古天皇が飛鳥で即位して以来、飛鳥時代の遷都は同じ飛鳥地方での遷宮か既に町となっていた【】と言う場所間での移動でした。しかし、694年持統天皇は、律令制度をさらに推し進めるために、唐風の都城を建設し、そこに遷宮、遷都を行いました。その都が藤原京です。

現代の感覚で遷都と言うと、東京から大阪に遷都すると言ったイメージを抱きますが、飛鳥京と藤原京は直線距離で約5キロほどだそうです。都の広さも、5~6キロ四方くらいなもので、意外にコンパクトな都だったようです。

f:id:miumaga:20171012211236j:plain

また、当時の大和には、上ツ道、中ツ道、下ツ道と言った3つの平行した大街道が南北に走っており、東西にも横大路と北の横大路が整備されていました。藤原京からみた平城京は、この南北の街道を20キロほど行った北側にありました。

平城京から大阪湾に面した海運の要所である難波京の間にも、直線に近い道ができていたようです。

遷都に際し、移築先に位置から宮を新築するのではなく、以前使っていた宮を解体して運び、再び組み立てると言う【移築】方式をとっていました。それもあってか、遷都の期間が案外短くて、多くの遷都が数か月のうちに行っていたようです。

遷都にはこうした実務的に移動をしやすい地勢であることも重要だったのでしょう。

長岡京は、木津川と淀川の合流地点に近く、桂川に面して水路での交通の便に優れていました。長岡京への遷都は、6月に担当職員が決められて、31万人の労働者の手によって、同年の12月には内裏や大極殿が完成して、正月には元旦の儀式が行われていたそうです。もちろん長岡京には、平城京で解体された建物が移築されています。

さらに9年後の794年には、10キロほど離れた平安京に遷都することになりますが、理由の一つとして、水運・陸運ともに交通の便の良さがあげられます。

歴史を見ても、古代日本では遷都がたびたびおこなわれました。

飛鳥時代に天皇が変わるたびに行われた遷宮は、律令国家作りに伴って、広大な官庁街とそこで働く官吏たちが住む住居が必要となり、都市ができて都ごと移動する遷都に変わっていきます。

また、権力争いや災害や治水工事の失敗は生活を脅かし、時には祟りなどへの恐れも加わり、壮大な引っ越しも行われました。これだけ多くの遷都が行えた理由には、実務的にしやすい場所があったのも一つの要因なのです。

rekisi-daisuki.com

ABOUT ME
歴ブロ
歴史好きが高じて、日本史・世界史を社会人になってから始めました。史実を調べるのも好きですが、漫画・ゲーム・小説も楽しんでます。いずれ歴史能力検定を受ける予定。どうぞよろしくお願いします。