縄文時代

縄文文化と弥生文化は重なり合って起きていた!?

f:id:miumaga:20170622212228j:plain

縄文土器を使用していたとされている縄文時代は、約1万年も続いており【草創期】【早期】【前期】【中期】【後期】【晩期】と6つの時期に分類されています。

これ以前の時代は、旧石器時代で最終氷河期とも重なっています。

草創期~早期~前期頃

いまからおよそ、1万5千年前~1万3千年前で、南九州に集落が現れました。

1万2千年前には、縄文独自の文化が花開き始めて、9500年前になると定住集落が現れます。これらの現象がその後、徐々に日本全土に広がっていきます。

この集落の広がりや人口の規模は地域差があり、一見南から始まったように見える縄文文化は、東日本では大規模化する一方で、西日本では縮小する傾向にありました。

中期~後期~晩期

4000年前の【中期】頃には、地球規模で寒冷化が起き、増えていた人口が減少します。

特にその影響が大きかった東北部では集落の規模が縮小します。その後再び温暖な気候が戻り【後期】頃になると再び西日本から復活の兆しが見え始めます。

このころから大陸からの渡来人【弥生人】が入り込むようになり弥生時代へと徐々にいこうしていきます。

f:id:miumaga:20161124203810j:plain

最近の研究では、【前期】の頃、すでに日本で稲作が始まっていた可能性が出てきたそうです。これを裏付けるかのように、黒曜石や紅玉ヒスイなどの産地特定が可能な鉱物が、北海道や沖縄、朝鮮半島等からも見つかっています。

また、中国で出土している青銅製の刀や石オノなどが、日本海側の東北部でも見つかるなど、想像以上に広い交易ルートが出来上がっていた事を根拠づける発見もされています。

 

日本の稲作文化は、弥生人が持ち込んだことで始まるとされていたが、こうしたかなり早い時期からの広域交流の存在は、縄文文化と弥生文化は思っていた以上に早くから並行して進んでいたのではないかと言う説もあります。

稲作文化と言っても、当時は直接地面に籾を蒔く陸稲栽培】が主流で、私たちがなじみ深い灌漑設備を持った水田による水稲栽培はこれまで通り【後期~晩期】頃の弥生人が西日本に多く流入する頃に見られるようになります。

その一方で、東日本では栃やクルミなどの作物の栽培や、沿岸部でも漁業にも多くの労力を割いていたことが遺跡調査で分かってます。狩猟生活が主体とされていた縄文人の生活は、実はかなり弥生人の生活様式と重なっているところがあるようです。 人類学的に見れば、縄文人と弥生人は明らかな差異があります。

しかし、大陸文化を持ってきた弥生人がのちの日本の文化のすべての基本となったわけではありません。弥生人が来る前から根付いていたものも多く、北海道や沖縄のように縄文文化を受け継ぎながら独自に発展した地域もあります。

 

このようなことが分かったのも、高度経済成長期の都市開発などのたくさんの遺跡が発見され、調査や比較が可能になったのが大きな要因で、解析技術の向上もあげられます。

現在の認識では、弥生人が大陸からやってきて稲作を伝え弥生時代が始まったとされていますが、今後の研究次第では歴史の認識が少し変わるかもしれません。

rekisi-daisuki.com

rekisi-daisuki.com

ABOUT ME
miumaga
歴史好きが高じて、日本史・世界史を社会人になってから始めました。史実を調べるのも好きですが、漫画・ゲーム・小説も楽しんでます。いずれ歴史能力検定を受ける予定。どうぞよろしくお願いします。