平安時代

桓武天皇はどうして軍団を廃止したのか?

桓武天皇の政治改革で、軍団と兵士の廃止についてチラッと書きましたが、廃止の理由も調べてみましたので書いてみました。

桓武天皇の政治改革 桓武天皇の主な功績と言えば、二回に及ぶ遷都と東北地方の安定化。これらの他にもいくつか政治改革を行っていますので、今回は桓武天皇含む、...

桓武天皇による軍団の廃止

桓武天皇軍団の廃止を行ったのが792年

東北や九州では軍団を廃止していないと言えども、東北では反乱が774年から続いている状態(三八年戦争)なのに疑問に思います。結局、東北が最終的に落ち着いてのは811年です。

そもそも桓武天皇が軍縮を行うまでは701年に作られた大宝律令の元で軍事力を整備していました。 この大宝律令自体が、唐・新羅連合との戦争・白村江(はくすきのえ)の戦いでの大敗に危機を抱いて作られたものです。

つまり兵を集めるのも対国内を想定してのものではなく、『対外戦争を想定して作られた軍隊』ということになります。こうなると軍の規模は非常に大きなものでなくてはなりません。そんなわけで、当初は人口の割に大きな軍を朝廷を持つ必要があったという事が言えるでしょう。

なお、その総兵力は人口約600万~700万に対して約20万人だったと言われています。現在の日本は人口1億2000万人以上いますので、当時の比率を今の基準に直すと400万人近くの自衛隊員がいる計算になります(実際には約25万人です)。いかに大規模だったのかが分かるかと思います。

軍縮の理由

では、対国外向けの兵士を何故減らすことが出来たのでしょう??

これは日本国内だけではなく、唐の状況を見ていく必要があります。

唐では755年から763年にかけて大規模な反乱・安史の乱(楊貴妃が発端になったとも言われている乱です)が起こりました。唐の副都とも言える洛陽が陥落したり首都・長安も反乱軍に一時期制圧される事態に陥ります。その際、ウイグルへの援軍要請をしたりチベットが混乱に乗じて長安を制圧したりと大混乱となります。唐の威信が傷つき、周辺諸国が力をつけて行く事態となりました。

安史の乱の時、日本では藤原仲麻呂が政権の中心におり反乱軍が日本にまで来る危険性も考慮して大宰府を厳戒態勢にまで高めていたようです。

とにかく、安史の乱を機に国境は小さくなり周辺諸国との力関係が変わってくる中で、日本にとっても厳重な警戒を緩めても多少大丈夫かな?という状態になったことが伺えます。

それでも、余裕があるのなら東北制圧が終わるまでは軍縮しなくてもいいのではないのでしょうか?結局軍縮する必要があったのは朝廷に余裕がなくなってきたことも理由としてあげられるのです。

 

土地政策の転換で も書いていたように、調や庸の質の低下税の滞納、更に兵士の質の低下が8世紀末頃には目立つようになってきています。ちょうど時期的に一致しますね。

さらに、兵士は一般的な公民が負担する税の中で庸と雑徭を免除されていました。ただでさえ滞納や調・庸の質が低下している中で大人数の公民が税を免除されていることは国家財政の点で見ても大きな負担となっていたようです。これらの国内外の状況変化が桓武天皇の軍団廃止に繋がったということが出来ます。

ABOUT ME
miumaga
歴史好きが高じて、日本史・世界史を社会人になってから始めました。史実を調べるのも好きですが、漫画・ゲーム・小説も楽しんでます。いずれ歴史能力検定を受ける予定。どうぞよろしくお願いします。