奈良時代

奈良時代の建築史(平城宮編)

 

奈良時代の建築史で今日は、天皇陛下の住まいである平城宮ついて書きます。

奈良にある平城宮跡歴史公園内には朱雀門や大一次大極殿などが復元されていて、今でも見ることができます。

しかも、復元工事を行ったのは、竹中半兵衛が関係していると噂があるスーパーゼネコン・竹中工務店と言う胸熱な組み合わせです。

平城宮

平城京の正門・羅生門を抜け平城京の中央部を南北に走る朱雀大路をまっすぐ歩くと平城宮の正門・朱雀門に行き着きます。

f:id:miumaga:20151028102853j:plain

朱雀門を抜けて少し行ったところに中央区朝堂院が見えて、その更に奥には大極殿が見えてきます(上は奈良文化財研究所のパンフレット)

※大極殿は第一次大極殿が奈良時代前半の頃の配置、第二次は後期からの配置という事で同時に存在していたわけではありません。実際に前期と後期の配置を見たい方は現説公開サイト様の平城第370次調査[第1図 平城宮の構造]に詳細が載っています。

真正面にある中央区朝堂院は八省百官(各省の官人)が朝参する場として使われたり大嘗祭などの国家的な儀式や宴を行う場として使われていたようです。一方の東区朝堂院は伝統的な政務空間として機能しています。

大嘗祭とは『天皇が即位後初めて新穀を神に供え、神と共に食する儀式』のことを言います(こちらも奈良文化財研究所の平城宮中央区朝堂院の調査より)。

そして、中央区朝堂院の更に後ろにある大極殿。これが朝廷の正殿と言えます。ここでもまた国家的儀式が行われていますが、即位や外国からの特使の謁見だったり朝廷内での重要度の高い儀式が行われていました。

聖武天皇が一旦恭仁京への遷都を行い、再度戻ってきた後は第一次大極殿では儀式を行う事はなくなりましたが、東側にその機能が移ります。

大体の建物の位置と機能はこんな感じです。

そして、実はこの大極殿の周りには磚(せん)と呼ばれる煉瓦(レンガ)を積み上げた高さ2mの壁が100mにもわたってそびえ立っていました。このレンガは大極殿を荘厳に見せるために作られていたと見られます。

実は、このレンガ。平城宮では壁として使われていましたが、寺院では床として使われていたそうです。この技術も中国から伝わっています。

日本は粘土が豊富にあるためこの時代以降もレンガを用いた建築を作ることも可能だったと見られますが、高温多湿という気候が理由で段々と廃れていきます。平安時代にはレンガはあまり使われなくなりました。

ところが時代が明治にまで進むと、再び近代建築としてレンガ造りの建物が注目され、実際に多くの建物に使われるようになりました。結局これもカビの温床となり、管理が難しかったようです。そして関東大震災。木造のような柔軟な動きが出来ないレンガ造りの建物は地震に弱いという難点が発覚することに。これ以降は再び完全なレンガ造りが下火になっていったようです。

ネット上でも奈良文化財研究所が作成した平城宮資料館や国土交通省による国営平城宮跡歴史公園のサイトなど公的なものも多く見つかります(かなりお世話になりました)ので、行ってみてください。

www.nabunken.go.jp

ABOUT ME
miumaga
歴史好きが高じて、日本史・世界史を社会人になってから始めました。史実を調べるのも好きですが、漫画・ゲーム・小説も楽しんでます。いずれ歴史能力検定を受ける予定。どうぞよろしくお願いします。